GitHubに日々の人生を記録(管理)する - 日記、じぶんリリースノート、簡易的な個人スクラムによるふりかえりなど

年末年始に購入した手帳はうまく馴染めなかったので、しばらくの間Slackで日記を書いてました。 www.konosumi.net ただ、Slackで日記を書くのもしっくりこず、長続きしませんでした。 そこでやり方を変え、GitHubを使ってみることにしました。 実際に試して…

2019年のテック系ポッドキャスト - フロントエンド・モバイル・WEB・インフラ・アジャイルなど

最近は忙しく、テック系ポッドキャストをあまり聴けていない日々が続いていたのですが、また聴き始めることにしました。 ただ、以前書いた「2017年とテック系Podcast(ポッドキャスト)を、紹介しつつ振り返る」という記事から、すでに1年以上が経過しています…

ボット作成で学ぶ、Dockerとdocker-compose入門 - 技術書典7「BotFrameworkで勤務報告Bot作った」

「BotFrameworkで勤務報告Bot作った」は、技術書典7でさとう( @honhotate )さんが頒布していた本です。 私は技術書典7にサークル参加していたのですが、ほとんどサークルを出られなかったため、お隣のサークルさんで唯一普通に購入することができた本とも言…

技術書典7にサークル参加した感想とふりかえり

技術書典7にサークル参加しました。 場所は3階の「う17C」で、サークル名は「このすみ堂」です。 本記事ではサークル参加した感想と、技術書典7に向けたサークル活動のふりかえりを書いていきます。 技術書典7で頒布した新刊 技術書典7では、2冊の新刊を頒布…

各社のエンジニア研修で探る、新人エンジニアに必要な技術と駆け出しエンジニアの成長論

新人研修の内容を検討しているのですが、それにあたり各社の新人研修を調査しました。 なお本記事は、@gcchaan氏のGitHub Gistにある「研修資料まとめ」を参考に作成しております。 @gcchaan氏の「研修資料まとめ」はとても素晴らしいまとめで、これを見ると…

ポッドキャスト駆動の技術学習と、ブログから始まり商業誌へ至る執筆によるアウトプットのふりかえり

技術書典7に向けて、「エンジニアアンチパターンNEXT」という技術系同人誌を書いてます。 自分の失敗談をアンチパターンに見立てた本で、そこから「どうすれば良かった?」を考える本です。 その中に「キャリア」をテーマとした章があるのですが、自分のエン…

Ionic + Stencil + CapacitorでWeb Componentsを使ったPWA & ハイブリッドアプリ開発

Ionicチームが開発しているStencilとCapacitorを組み合わせることで、Web Componentsを使ってハイブリッドのモバイルアプリ開発ができます。 「Stencilってなに?」「Capacitorってなに?」と、思われるかもしれません。 どちらも2019年にバージョン1.0系が…

ESLintと「eslint --init」による「.eslintrc.json」の生成

ESLintと「eslint --init」による「.eslintrc.json」の生成 ESLintはJavaScriptのソースコードを静的解析するツールです。 Lintツールはソースコードの書き方を統一したり、静的解析の段階で問題になりそうなコードや、明らかなバグを見つけるのに役立ちます…

技術書典7向け新刊「Node.js中級者を目指す」のご紹介

2019年09月22日(日)に開催される技術書典7で、「Node.js中級者を目指す」という技術系同人誌を頒布します。 本書は技術書典5の「PHP中級者を目指す(商業誌版はレベルアップPHP)」に続く、中級者を目指すシリーズの第二弾です。 techbookfest.org 本の概…

CoffeeScriptとCoffeeScript2を試してみた - AltJS(代替JavaScirpt言語)

技術書典7に向けて「Node.js中級者を目指す」という本を書いてます。 その過程でAltJSについて勉強していたのですが、「CoffeeScript 2」の存在を知りました。 本記事はその備忘録にあたり、実行したインストールおよびサンプルプログラムと所感を共有します…

頭文字D(イニシャルD)に学ぶ成長とリーダーシップ論

以前KPC(コンビニコミック)と呼ばれる講談社のレーベルで、頭文字Dが発売していました。 隔週の発売で毎号読んでいたのですが、これがまたおもしろいです。 ふと疑問に思ったのですが、頭文字Dにおける主人公の藤原拓海の成長には、興味深い点がたくさんあ…

数学で戦争を止めようとした男の物語 - アルキメデスの大戦【映画感想】

映画館で2019年7月26日に公開されたアルキメデスの大戦を鑑賞しました。 先に結論を言ってしまうと、おもしろい映画で観て良かったです。 archimedes-movie.jp 最近は映画感想を書いてなかったのですが、久々に書きます。 なおネタバレが含まれておりますの…

技術書同人誌博覧会( #技書博 )のサークル参加レポート・感想

技術書同人誌博覧会(技書博)にサークル参加しました。 第1回の場所は「大田区産業プラザPiO」で、場所は蒲田です。 https://gishohaku.dev/ サークル参加の疲れが抜けきれていない状況ではありますが、記憶の新しい内に感想を書きます。 サークル参加しよ…

ES2015・ES2016・ES2017・ES2018を手早く学習するTHE ES Guide

技術書同人誌博覧会(技書博)向けのNode.js同人誌を書いてる際に、オススメのサイトを見つけたのでご紹介します。 @flaviocopesさんの「THE ES Guide」です。 ES2015(ES6) ES2015はlet・const・class・Promiseをはじめとする重要な構文や機能が目白押しなの…

Hellsinker.のカッコよさで考えるシューティングゲームの魅力と中毒性

皆さんは10年以上の時を経てSteamよりリリース予定の、「Hellsinker.」という同人シューティングゲームをご存知でしょうか? IGNで「Hellsinker.」特集があるのですが、トレーラーを見ただけでもセンスの良さとカッコよさが伝わってきます。 jp.ign.com jp.i…

Node.js学習日記(新刊・仮題)- #技書博 向けNode.jsスキルアップ系同人誌についてのご案内

7/27(土)に大田区産業プラザPiOで技術書同人誌博覧会(技書博)が開催されます。 「このすみ堂」改め「なめこっと」というサークル名で申し込みまして、Node.jsをテーマにした新刊を執筆中です。 gishohaku.dev 本の進捗はとても怪しいのですが、気合いを…

将棋の風変わりな囲いとマイナー戦法

私は将棋系YouTuberが好きでして、夜ご飯を食べながら動画を観るのが日課になっています。 www.konosumi.net 毎日観ていると感じるのですが、将棋にはいかに多くの戦法があるのか!・・・ということを痛感します。 先日クロノさんの「将棋のマイナー囲いラン…

続・未踏ジュニアのスーパークリエイタという世界 - 2018年度未踏ジュニアの感動を語り隊

「未踏ジュニア」というプロジェクトがあります。 独創的なアイデア、卓越した技術を持つ17歳以下の小中高生および高専生を対象とした、ミニ未踏です。 jr.mitou.org 優れた能力を持つ若い人材を発掘・育成することを目的としているプロジェクトですが、これ…

におうコードの問題集でWEBエンジニア総合力の向上を目指す - 技術書LT&懇親会【Caraquri Tech Night #1】

「技術書LT&懇親会【Caraquri Tech Night #1】」で、LTプレゼンをしました。 オススメの技術書を紹介し合って、気づきや知見を増やすイベントです。 caraquri.connpass.com 私は本が好きなので、定期的に書店に足を運んでいます。 今回のイベントでは、技術…

AWSのELB(ALB)におけるSocket.IOのwebsocket接続と負荷分散 - Stickiness(Sticky session)の活用

AWSではELB(Elastic Load Balancing)を活用し、アクセスの振り分けや負荷分散を行なうのがメジャーです。 ロードバランサーを使った構成は、通常のWebシステムではごくごく一般的です。 ただしSocket.IOを使ったウェブソケット(websocket)接続では、問題とな…

JavaScriptの配列風オブジェクトと「[].slice.call()」による配列変換について

書店で購入したオライリーの「Node.jsデザインパターン」を読んでます。 本の内容はNode.js流のコードの書き方「The Node Way」を学ぶことに主眼が置かれており、さらにクラスタリングをはじめとするNode.jsのスケーラビリティや負荷分散についても書かれて…

TypeScriptでsetTimeout()がNodeJS.Timerになる理由から、window.setTimeout()との違いを理解する

AngularのSPA(Single Page Application)のプログラムを書いてたら、以下の問題に遭遇しました。 TypeScriptのコード内でのsetInterval()の返り値には罠がある https://blog.kubosho.com/entry/setinterval-trap-on-typescript/ 内容としては「Type 'Timer' i…

ALOHAnet - 有線LANより早く生まれた無線LANの起源と、CSMA/CA方式への発展

2019年秋の情報処理試験で、「ネットワークスペシャリスト」を受験してみることにしました。 そこで毎日少しずつ学習を進めているのですが、データリンク層の学習でハワイの「ALOHAnet(ALOHAネット)」に出会いました。 無線LANの先駆的存在で興味深かったの…

ときめきで仕分けるこんまりメソッドの片付け術 - 人生がときめく片づけの魔法

書店で「人生がときめく片づけの魔法」が平積みされているので、買って読んでみました。 人生がときめく片づけの魔法 改訂版作者: 近藤麻理恵出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2019/02/14メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 「こんまりメソッ…

埼玉実業実学書典(銭けっと)の感想とサークル参加レポート

埼玉実業実学書典、通称銭けっとに参加してきました。 開催場所は川口フレンディアで、川口駅の駅前にある市民ホールです。 募集ジャンルは「商業・学術・技術・紀行・IT・機械」で、技術書典と違い非IT系のサークルが多数参加していたのが印象的でした。 銭…

PHP中級者を目指すステップアップ本「レベルアップPHP」について

「レベルアップPHP」という本を書きました。 技術書典6の個人サークルでお披露目しまして、現在好評発売中です。 レベルアップPHP ?言語を理解して中級者へ? (技術の泉シリーズ(NextPublishing))作者: 佐々木勝広出版社/メーカー: インプレスR&D発売日: 20…

技術書典6の振り返りとサークル参加レポート、Kuin & くいなちゃんの技術同人誌で参加しました

技術書典6にサークル参加しました。 サークルは「このすみ堂」で、場所は「こ04」です。 熱の冷めないうちに振り返り記事を書きたかったので、さっそく書いてみました。 当日に頒布した本 レベルアップPHPの執筆について 技術書典シリーズ(現、技術の泉シリ…

くいなちゃん & Kuinの歴史を探訪する - 公式サイト編

技術書典6向けに「Kuin & くいなちゃん」の入門書を書いたのですが、 「どうやって今のくいなちゃんへとたどり着いたのか?」 その歴史については書きませんでした。 公式サイト(Kuin & くいなちゃんを知らない方向け) http://kuina.ch/ ふと気になってしま…

将棋で初段や中級者を目指すにはどうすれば良いのか?

扶桑社新書の将棋「初段になれるかな」会議という本なのですが、さくっと読めて面白かったので、感想を書いていきます。 将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書)作者: 高野秀行,岡部敬史,さくらはな。出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2018/12/27メディア…

Kuinの設計の理由からプログラミング言語自体の設計という技術への理解を深めてみる

技術書典6で「Kuinプログラミング入門 くいなちゃんとはじめるゲーム& 実用アプリ開発」という本を出します。 その過程の一環で、Kuinの公式サイトにあるプログラミング言語の「設計の理由」をまとてみました。 techbookfest.org Kuinは「設計の理由」が公式…