本の感想

集中力が続かない状態から脱却して、仕事とタスクを終わらせる - 集中力を高める技術

私は集中力を維持するのが苦手です。 とくに週末はやりたいことがあっても、油断するとすぐ休憩という名のゲームの誘惑に負けてしまうので、対策することにしました。 そこで、だいわ文庫の「集中力を高める技術」という本を読みました。 本記事には、読んだ…

週末うつとサザエさん症候群を予防するための、快適な休日のすごし方 - 休む技術

土日がダラダラしているうちに終わってしまう 休み中も仕事のことが気になってしまう メンタルを維持する上で休日は重要ですが、日曜日の夜に、休日のすごし方を後悔している方も多いのではないでしょうか? 私もその1人で、「休みをムダにすごしてしまった…

ボット作成で学ぶ、Dockerとdocker-compose入門 - 技術書典7「BotFrameworkで勤務報告Bot作った」

「BotFrameworkで勤務報告Bot作った」は、技術書典7でさとう( @honhotate )さんが頒布していた本です。 私は技術書典7にサークル参加していたのですが、ほとんどサークルを出られなかったため、お隣のサークルさんで唯一普通に購入することができた本とも言…

ときめきで仕分けるこんまりメソッドの片付け術 - 人生がときめく片づけの魔法

書店で「人生がときめく片づけの魔法」が平積みされているので、買って読んでみました。 人生がときめく片づけの魔法 改訂版作者: 近藤麻理恵出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2019/02/14メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 「こんまりメソッ…

続けるための習慣づくり、習慣化を維持するための仕組み入門

「マンガでわかる「続ける」習慣」という本を読んだのですが、思ったよりおもしろかったので、読んだ内容の感想など書いてみます。 マンガでわかる「続ける」習慣作者: 古川武士,みつく出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2016/06/30メディア: 単行本こ…

湊川あいさんのマンガでわかるDocker3 〜AWS編〜を読みました & 寄稿しました【技術同人誌】

湊川あいさんの「マンガでわかるDocker3 〜AWS編〜」を読みましたので、簡単な概要と感想を書くことにしました。 llminatoll.booth.pm 執筆が忙しいのでさらっとしか読めてないのですが、マンガやイメージ図で概要を理解した後に、実際に構築をチャレン…

将棋という勝負の世界で、愛に生きる香川愛生さん - 職業、女流棋士の感想

本屋で見かけた「職業、女流棋士」を読みました。 職業、女流棋士 (マイナビ新書)作者: 香川愛生出版社/メーカー: (株)マイナビ出版発売日: 2018/08/27メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る 香川愛生さんと言えば、私にとってはファミ通コラムの…

スケジュール管理やタスク管理をしつつ、思考を整理するためのノート術

マンガでわかる!「先延ばし」がなくなるノート術を買ってみました。 マンガでわかる! 「先延ばし」がなくなるノート術作者: 塚本亮出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2018/10/24メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 最近はゲーム三昧の日々を過ごして…

20代、30代、40代・・・キャリアに悩む人に送る - キャリアデザイン入門

大久保幸夫さんのキャリアデザイン入門を読みました。 キャリアデザイン入門[II]専門力編 第2版 (日経文庫)作者: 大久保幸夫出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2016/03/16メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る キャリアデザイン入門[I…

レトロゲームの魅力や面白さに情熱を燃やすゲームづくり - レトロゲームファクトリー

柳井政和さんの「レトロゲームファクトリー」を読みました。ゲーム愛にあふれた、楽しい一冊でした! レトロゲームファクトリー (新潮文庫nex)作者: 柳井政和出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/10/27メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る レ…

AWSの基礎を、ハンズオンで勉強しながら理解する - AWSをはじめよう

mochikoAsTechさんの「AWSをはじめよう~AWSによる環境構築を1から10まで~」を読みました。 ちなみにダウンロード版です。BOOTHにて購入できます。 booth.pm 本書は技術書典5の大ヒット作なのですが、読んでみたらヒットの理由も納得です。あまりに読みやす…

スマホのゲーム制作や、ゲームディレクターの仕事をチェインクロニクルで学ぶ

セガゲームスの松永純さんによる「チェインクロニクルから学ぶスマートフォンRPGのつくり方 (星海社新書)」を読みました。 チェインクロニクルから学ぶスマートフォンRPGのつくり方 (星海社新書)作者: 松永純,4Gamer.net編集部板垣翔平・飯田美和,セガゲーム…

DNSの仕組みや設定の基本を、DNSをはじめようでおさらいする

BOOTHで「DNSをはじめよう ~基礎からトラブルシューティングまで~」を買いました。 mochikoastech.booth.pm 「DNSをはじめよう」は、私も出典していた技術書典4で、400部がすぐに売り切れてしまった大ヒット書籍です。 DNSの技術に加えて、ヒットの理由も…

外資系企業の秘書として就職を目指す、一人の女性の物語 - 外資のオキテ

泉ハナさんの「外資のオキテ」を読みました。 物語として面白かったので、一気読みしてしまいました。外資系企業にまつわるエピソードですが、理想と現実のギャップに苦戦する主人公の貴美子に対して、中盤移行はずっと感情移入しながら読んでいました。 本…

成長するための知見や経験を語った物語 - セイチョウ・ジャーニーの感想

ずっと気になっていた「セイチョウ・ジャーニー」を読みました。評判が良いのは知っていたのですが、なかなか時間が取れずに読めずにいました。 でも、いざ読んでみたらやっぱり面白いです。 growthfaction.booth.pm 忘れない内に、メモ書きの感想をアウトプ…

熊本県荒尾市にある、地方の遊園地で働くお仕事小説 オズの世界

小説、オズの世界を読みました。ディズニーランドに憧れていた女性が、配属された先はまさかのローカル遊園地!・・・という感じで、とても面白かったです。 漫画化や映画化されるのも、納得の作品です。今回は、オズの世界を題材にして、感想を書きつつ、遊…

小説&映画感想 ペンギン・ハイウェイ 郊外に突然現れるペンギンの正体に迫る!

森見登美彦さんのペンギン・ハイウェイを読みました。軽い気持ちで読み始めたのですが、こんなにも惹き込まれる作品だとは露知らず。 この感動は、拙い文章であったとしても残しておきたいので、記事に書くことにしました。 ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)…

エンジニアの生産性を高めるために、モチベーションや学習効率を改善しよう エンジニアの知的生産術

「エンジニアの知的生産術」を読み終えました。感想は、一言で言えば凄く学術的な本です。記憶力を考えるために、脳の仕組み(海馬)にまで話が及びます。 内容としては、汎用的に使える知的生産術について書いた本です。どの技術の修得であっても、大丈夫です…

受託開発のメリットを活かせ!失敗しないプロジェクト運営のコツを受託開発の極意で学ぶ

受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)作者: 岡島幸男,四六出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2008/04/08メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 25人 クリック: 1,381回この商品を含むブログ (91件) …

マーケティングの考え方と基本を学習する - マンガでわかるWebマーケティング

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦! ―作者: 村上佳代,ソウ,星井博文出版社/メーカー: インプレス発売日: 2017/02/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 村上佳代さんの「マンガでわかるWebマーケテ…

失敗しないための本の買い方と、面白い本の選び方 - 原作本、古典、デビュー作のススメ

私は読書家なんですが、ずっと悩んでいることがあります。それは「本の買い方と選び方」です。 何が難しいって、いざ読み始めてみると、しっくりこない本の多いこと! 私は文庫本派ですので、一冊あたりの金額は数百円ではあるのですが、それでも痛い出費に…

太平洋戦争(大東亜戦争)の歴史を日米双方の視点で俯瞰する「太平洋戦争(中公文庫)」

児島襄さんの「太平洋戦争」を読みました。 太平洋戦争 (上) (中公文庫)作者: 児島襄出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 1974/06/10メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (4件) を見る 太平洋戦争 (下) (中公文庫)作者: 児島襄出版社/メーカ…

近藤奈々さんと父、水樹奈々さんと三嶋章夫さん、そして深愛に込められた深い愛

「深愛」という本があります。幻冬舎文庫から刊行されている、歌手・声優である水樹奈々さんの自伝です。 深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)作者: 水樹奈々出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/01/16メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る 私は、過…

バーの片隅で歴史検証バトル勃発、歴史の謎に挑む奇想天外ミステリ 邪馬台国はどこですか?

「邪馬台国はどこですか? / WHERE IS YAMATAI?」は、鯨統一郎さんによる歴史小説です。 邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)作者: 鯨統一郎出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1998/05/24メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 114回この商品を含むブログ (1…

介護保険外の相談員を描く一風変わったお仕事物語 新卒ですが、介護の相談うけたまわります

「新卒ですが、介護の相談うけたまわります」は、メゾン文庫より出版されているいぬじゅんさんの小説です。 新卒ですが、介護の相談うけたまわります (メゾン文庫)作者: いぬじゅん,uki出版社/メーカー: 一迅社発売日: 2018/06/09メディア: 文庫この商品を含…

ポツダム宣言を受諾せず東西分裂した日本を舞台に、西へ東へ大奔走のSF活劇 屋上のテロリスト【感想】

知念実希人さんの「屋上のテロリスト」を読みました! 太平洋戦争(第二次世界大戦)でポツダム宣言を受諾せず、ソ連の侵攻を受けた結果、東西ドイツのように分裂してしまった日本を舞台にした、SFエンターテイメント作品です。 屋上のテロリスト (光文社文庫)…

生け花の先生とのもどかしい年の差恋愛を描く 年下のセンセイ【感想】

「年下のセンセイ」という、中村航さんの描く恋愛小説を読みました。 普段はそこまで恋愛小説を読むわけではないのですが、本屋で見かけた時に、直感的に気になってしまったのです。気づいた時には、もうレジにいました。 年下のセンセイ (幻冬舎文庫)作者: …

千葉の南房総で田舎暮らしのスローライフ 海が見える家【感想】

はらだみずきさんの海が見える家を読みました。本書は2015年に刊行された「波に乗る」の文庫版です。 海が見える家 (小学館文庫)作者: はらだみずき出版社/メーカー: 小学館発売日: 2017/08/08メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 大学を卒業し、新社…

AIと人間は共存できるのか?羽生善治さんの人工知能の核心を読みました

羽生善治さんの人工知能の核心を読みました。 人工知能の核心 (NHK出版新書 511)作者: 羽生善治,NHKスペシャル取材班出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2017/03/08メディア: 新書この商品を含むブログ (6件) を見る 昨年は「永世七冠」を獲得して、まだまだ強…

小坂流加さんが描く、死ぬ準備をするための物語 余命10年【感想】

「余命10年」を読み終えました。 余命10年 (文芸社文庫 NEO こ 5-1)作者: 小坂流加,loundraw出版社/メーカー: 文芸社発売日: 2017/05/15メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る この本は、不治の病に侵され、余命を宣告された若き女性の物語です。…