このすみ技術ろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

Laravelのインストールから環境設定までについて覚えたことまとめ

仕事の都合で、Laravel5系を採用しているプロジェクトに関わることとなったため、Laravelについて公式および翻訳ドキュメントで学習しました。

全部書くと大変なので、まずは環境周りについて覚え書きを記します。

インストール

Laravelを使ったプロジェクトの作成では、composerを使います。 私の場合は、こんな感じでインストールしました。

# まずはcomposerを入手する
$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
# composer経由でLaravelプロジェクトを作成する
# php composer.phar create-project laravel/laravel プロジェクト名 laravelバージョン
php composer.phar create-project laravel/laravel blog "5.1.*"

開発環境の構築

Laravel Homestead、またはLaradockが有名みたいです。

  • Homestead: Vagrant
  • Laradock: docker-compose

ちなみに私は、Laradockで開発環境を構築してみました。 無事に起動はできたのですが、感想としてLaradockは初心者向けではないです。

Laradockのdocker-compose.ymlを見るとわかるのですが、シンプルなLAMP開発環境だけあれば良い人にとっては、少し重厚すぎる気がします。 なので初学者は、素直に公式のHomesteadを使えば良いのではないかと。

環境設定

主に.envconfig/app.phpが主役です。

.env

.envは、DBの接続設定を記述するため重要です。

APP_ENV=local
APP_DEBUG=true
APP_KEY=n12uFPknE...

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_DATABASE=homestead
DB_USERNAME=homestead
DB_PASSWORD=secret
# ...

また、APP_ENVについて理解する必要があります。 こいつを切り替えることで、環境設定を切り分けることが可能です。

Apacheであれば、SetEnvを使うなどして対応します。 「.env.{APP_ENV}」のファイルが採用されます。

# Set APP_ENV  
SetEnv APP_ENV=production # 本番環境の場合
SetEnv APP_ENV=staging # 検証環境の場合

qiita.com

config/app.php

まずはtimezoneとlocaleを変更します。

  # timezoneを日本に変更する
  # 'timezone' => 'UTC',
 'timezone' => 'Asia/Tokyo',

  # 言語設定を日本語に変更する
  # 'locale' => 'en',
  'locale' => 'ja',

それと自前でサービスプロバイダーを作成した場合は、providersに追加します。

   'providers' => [
        Illuminate\Foundation\Providers\ArtisanServiceProvider::class,
        Illuminate\Auth\AuthServiceProvider::class,
        # ...

まとめ

時間の都合でインストール〜環境周りしか書けなかったので、後日もろもろ追記するか、新しい記事で覚えたことを追加していこうと思います。