テクノロジー

仮想DOMをきっかけに、React.jsがヒットした理由を探求する- JSフレームワーク × ビアバッシュ 初心者勉強会

「仮想DOMで探る、React.jsがヒットした理由」で、登壇しました。勉強会は、初心者向けのJSフレームワーク勉強会です。 sakeganaito.connpass.com 会場の風景を撮り忘れていたのですが、すごくシックで雰囲気が良かったです。写真は「好きだけじゃ辛いScala.…

やる気を出さずに成長を目指す - 自然な学習とスキルアップ戦略

#セイチョウジャーニー Advent Calendar 2018の10日目の記事です。前日の記事はこまどさんでした。 ky-yk-d.hatenablog.com 私は、ラリー・ウォールの名言、プログラマの三大美徳に代表されるような「怠惰」な人間です。なお、三大美徳の怠惰は、プログラマ…

技術書典で技術同人誌を書いて良かったこと - メリットや反響を振り返る

この記事は「技術同人誌 Advent Calendar 2018」の2日目です。 私は「このすみ」と申します。技術同人誌を書き始めたのは、今年(2018年)の1月からです。迷いに迷った結果、技術書典4のサークル参加申し込みを〆切の前日に決断しました。 技術的なネタは、し…

エンジニアがビジネス視点を養うなら、ビジネス系テレビ番組がオススメ

多くの新社会人が、会社に入社して最初に学ぶのは、ビジネススキルやビジネスマナーです。エンジニアであっても例外ではなく、最初にビジネスマンとしての基礎を学ぶ人は多いと思います。 「エンジニアであると共に、私はビジネスマンです」 頭では分かって…

AWSの基礎を、ハンズオンで勉強しながら理解する - AWSをはじめよう

mochikoAsTechさんの「AWSをはじめよう~AWSによる環境構築を1から10まで~」を読みました。 ちなみにダウンロード版です。BOOTHにて購入できます。 booth.pm 本書は技術書典5の大ヒット作なのですが、読んでみたらヒットの理由も納得です。あまりに読みやす…

DNSの仕組みや設定の基本を、DNSをはじめようでおさらいする

BOOTHで「DNSをはじめよう ~基礎からトラブルシューティングまで~」を買いました。 mochikoastech.booth.pm 「DNSをはじめよう」は、私も出典していた技術書典4で、400部がすぐに売り切れてしまった大ヒット書籍です。 DNSの技術に加えて、ヒットの理由も…

Visual Studio Code用のKuin言語の拡張機能を公開したので、作成から公開の流れを共有してみる

プログラミング言語Kuinには、エディタとコンパイル機能とデバッグ機能がセットになったIDEが付属しています。 とても便利ではあるのですが、自分が普段から使っているエディタで開発したい気持ちも強いので、Visual Studio Codeも併用しつつ開発したいと思…

成長するための知見や経験を語った物語 - セイチョウ・ジャーニーの感想

ずっと気になっていた「セイチョウ・ジャーニー」を読みました。評判が良いのは知っていたのですが、なかなか時間が取れずに読めずにいました。 でも、いざ読んでみたらやっぱり面白いです。 growthfaction.booth.pm 忘れない内に、メモ書きの感想をアウトプ…

未踏ジュニアのスーパークリエータという世界

先日、たまたまTwitterで見かけた三橋優希さんの「つながる。」というパズルゲームをプレイしました。 実際にプレイをしてみたら、グランプリを取るのも納得の楽しさでした。何より、プレイしていてほっこりしました! BGMの選曲も良くて、穏やかさに拍車を…

プログラミング言語Kuinの言語仕様を、自分なりに補足しながら整理しました

少し前に、Kuin言語の本を書いてみたいという記事を書きました。あれから、時間を見つけてはKuin言語で遊んでます。 www.konosumi.net まだチュートアリルを終えたくらいですが、とても楽しいです。Windows向けのアプリケーションになりますが、GUIのゲーム…

Dockerを活用し、WindowsにRe:VIEWによる技術書執筆環境を構築する

先日、Kuin言語の本を書いてみたいという記事を書いてみたのですが、その関係で自宅のPC環境をMacからWindowsに変更してみました。 Windowsは久々に起動したので、まずWindowsの更新にとても時間がかかりました。Firefoxも、同じく久々に起動したため、32ビ…

技術書典6で、Kuin言語 & くいなちゃんの本(同人誌)が書いてみたい

「Kuin」というプログラミング言語をご存知でしょうか?シンプルな設計ながら、ゲームプログラミングまで出来るプログラミング言語です。 プログラミング言語「Kuin」 突然ですが、次回の「技術書典6」では、プログラミング言語「kuin」についての本が書きた…

プログラムのインジェクションを防ごう! - におうコードの問題集 セキュリティホールに立ち向かう編

グランパさんの「におうコードの問題集 セキュリティホールに立ち向かう編」を読みました! 最初にWEBセキュリティの基礎を学んだ後に、XSSやSQLインジェクションなどの、代表的なにおいを塞いでいきます。 すごく風変わりなインジェクションが発生するわけ…

10万のサークル名を収集して傾向を可視化してみました - ミジンコ組さんの努力の結晶が詰まった本

みじんこ組さんの「10万のサークル名を収集して傾向を可視化してみました」を読みました。 控えめに言ってすごい本です。 本書は、まずはじめにTwitterの発言をひたすら収集し、そこからサークル名を抜き出します。例えば、正規表現を活用し「サークル名は〇…

Raspberry Pi + GCP +センサーの本 - ラズパイさんは百葉箱に恋をする?の感想

「ラズパイさんは百葉箱に恋をする?」を読みました! もともと気になっていた本です。本の冒頭に、世の中にはAWS(Amazon Web Services)情報が多く、GCP(Google Cloud Platform)があまりないと書いてあります。 私の勝手な予想ですが、GCP界隈は三大巨塔のGo…

ITエンジニアのアウトプットの方法と考察 - ブログ・Qiita・登壇など

エンジニアはアウトプットすべきと言われることがあります。 私は勉強するときに心がけているのは、必ずアウトプットすることです。 新しく学んだことはブログを書いたり講演したり、その技術を使ってコードを書いてみんなが見えるようにします。 引用: IT…

雑誌の総集編を活用した、エンジニアの技術力向上や成長を目指す勉強法 WEB+DB PRESS & Software Design

技術書典5向けに「PHP中級者を目指す」本を書いたのですが、その本の参考文献(情報源)は、主に公式サイトの「php.net」と「WEB+DB PRESSの総集編」です。 特に参考になったのは、WEB+DB PRESSの Vol98「良いPHPコードを保つ技術 規約と指針を整備し,静的解…

無料公開のお知らせ Firebase Realtime Database と React.js で始めるリアルタイム アプリケーション入門

pixivのBOOTHにて販売している「Firebase Realtime Database と React.js で始めるリアルタイム アプリケーション入門」を、本日付で無料公開しました。 konosumi.booth.pm 本書は、サークル「このすみ堂」として、技術書典4にて頒布した同人誌の電子版です…

技術書典5向け新刊「PHP中級者を目指す 〜言語を使いこなすための本〜」のご紹介と制作秘話

私が運営している個人サークル「このすみ堂」で、術書典5向けの新刊「PHP中級者を目指す 〜言語を使いこなすための本〜」という本を出します。 techbookfest.org 本記事は制作状況によって随時更新し、本書のご紹介や、制作秘話などを共有する内容となってお…

YYPHPの第50回に参加した感想を語る - 強いエンジニアとは何か?

高田馬場の「CASE Shinjuku」で行われているイベント、YYPHPに参加してきました。 yyphp.connpass.com 前々から行きたいと思っていたのですが、なかなか行くことができず。今回はタイミングがあったので参加してみたところ、なんと記念すべき第50回でした。…

仮想DOMのメリットと、リアルDOMとの違い - WEB+DB PRESS Vol.106 仮想DOM革命

「WEB+DB PRESS Vol.106」を読みました。 WEB+DB PRESS Vol.106作者: 成田元輝,杉浦颯太,小和瀬塁,山中大輔,末田正樹,藤野真聡,竹馬光太郎,桑原仁雄,倉長拓海,牧大輔,秋山卓巳,前田雅央,星北斗,末永恭正,久保田祐史,池田拓司,はまちや2,竹原,WEB+DB PRESS編…

React+Redux構成を勉強したので、メリットとデメリットについて考えてみる

Kindleの「React + Redux入門 - ReactはできるけどReduxがわからないやってみたい人のためのreact-redux入門」が、読み放題(Kindle Unlimited)に入っていたので読んでみました。 私は、ReactもReact Nativeも使っているのですが、今までは小規模なアプリケー…

エンジニアの生産性を高めるために、モチベーションや学習効率を改善しよう エンジニアの知的生産術

「エンジニアの知的生産術」を読み終えました。感想は、一言で言えば凄く学術的な本です。記憶力を考えるために、脳の仕組み(海馬)にまで話が及びます。 内容としては、汎用的に使える知的生産術について書いた本です。どの技術の修得であっても、大丈夫です…

UXデザインのプロセスが理解されるためには、実践が必要! Automagic Podcast #223

Automagic Podcastの「#223 Q&A UXデザインが理解されない」の回を聴きました。 https://automagic.fm/post/176713006230/qa-uxdesignautomagic.fm 私は、Automagic Podcastをよく聴いており、いつもお世話になっております。 今回は、ユーザーからの質問に…

Dockerを活用し、Re:VIEWによる技術書の執筆環境を構築する最短経路 for Mac

技術書典5に向けて、執筆環境の整備を行なっています。前回の技術書典4では、最終的にGoogleドキュメントで執筆しました。 前回の技術書典4の模様は、過去のブログ記事で綴っておりますので、もし宜しければご覧ください。 www.konosumi.net さて、今回は、G…

CaaS、Paas、サーバーレス(FaaS,BaaS)の違い あなたはどのサービスを利用しますか

「ソフトウェアデザイン 2018年8月号」を読みました。 第1特集の「スマホゲームはなぜ動く?」も良かったのですが、さらに第2特集の「クラウドネイティブ時代のシステム構築」がなかなか面白かったので、知見のメモも兼ねて、まとめていこうかと思います。 …

受託開発のメリットを活かせ!失敗しないプロジェクト運営のコツを受託開発の極意で学ぶ

受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)作者: 岡島幸男,四六出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2008/04/08メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 25人 クリック: 1,381回この商品を含むブログ (91件) …

マーケティングの考え方と基本を学習する - マンガでわかるWebマーケティング

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦! ―作者: 村上佳代,ソウ,星井博文出版社/メーカー: インプレス発売日: 2017/02/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 村上佳代さんの「マンガでわかるWebマーケテ…

ITエンジニアと生産性を考える デスマーチはなぜなくならないのか

久しぶりに図書館に行ったら、たまたま目に止まったので「デスマーチはなぜなくならないのか」を読みました。 デスマーチはなぜなくならないのか IT化時代の社会問題として考える (光文社新書)作者: 宮地弘子出版社/メーカー: 光文社発売日: 2016/11/17メデ…

ITエンジニアとプログラミング環境のデスク周りについて、自宅の環境を例に語ってみる

私は、頻繁ではないのですが、フロントエンドJSを始めとしたイベントやカンファレンスに参加することがあります。 ふと疑問に思ったのですが、そういったイベントに参加していると、意外とこれからエンジニアになりたい学生や、異業種からエンジニアになろう…