react-native initによるMacのAndroidとiOSのReactNative環境の構築

以前、ReactNativeのインストール記事では、Expoを使った「create-react-native-app」による環境構築を解説しました。

www.konosumi.net

今回、新たに通常の「react-native init」での環境構築が必要になったため、その際の手順を記載します。筆者の開発環境はMacBookのため、Macを対象としています。

目次

Xcode

Xcodeのダウンロード

まず始めに、以下より最新版のXcodeをダウンロードします。

https://developer.apple.com/download/more/

ダウンロードが完了したら、ダブルクリックして解凍します。

出来上がったXcodeを、アプリケーション(/Applications/)の下に「Xcode9.4.1.app」のようにして置きます。

(注釈:App Storeからもインストール出来ます。但し、複数のバージョンのXcodeを置きたいケースは往々にしてあるので、個人的にはあまりおすすめしません)

ダウンロードしたXcodeの有効化

アプリケーションの下に置いた「Xcode9.4.1.app」を使用するため、Xcodeのバージョン切り替えを行ないます。

sudo xcode-select -switch /Applications/Xcode9.4.1.app/Contents/Developer

xcode-select は、Xcodeのバージョン切り替えツールです。Mac内に複数のXcodeをインストールしている場合は、上記のコマンドで切り替えます。iOSエンジニアにはお馴染みのコマンドです。

XVim2のインストール

Vimmerな人以外は、飛ばしてください。XVim2は、XcodeのVimプラグインです。

github.com

まずは、Xcodeを自己署名でcodesignします。自己署名しないと、XVim2のプラグインが有効になりません。

https://github.com/XVimProject/XVim2/blob/master/SIGNING_Xcode.md

自己署名が完了したら、XVim2をインストールします。

$ cd /tmp
$ git clone https://github.com/XVimProject/XVim2.git
$ cd XVim2;
$ make
$ defaults delete com.apple.dt.Xcode DVTPlugInManagerNonApplePlugIns-Xcode-9.4.1

なお、上記でダメだったときは、普通にXVim2プロジェクトを開いてからRunします。

$ open /tmp/XVim2/XVim2.xcodeproj

f:id:konosumi:20180710010323p:plain

Xcodeの起動

XVim2のインストールまで終わったら、一度Xcodeを起動して、ライセンスへの同意とモジュールインストールを行ないます。

基本的には、画面の指示に従うだけです。

Homebrewのインストール

Macで普段から開発している人であれば、既に入っている人も多いかと思います。コマンドラインからアプリケーションをインストールできるので、非常に便利なツールです。

brew.sh

インストール方法は、公式の方法に従います。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

npm & yarn

Node.jsのインストール

Homebrew経由でインストールするのが、最もお手軽です。

$ brew install node

但し、個人的にはnodebrewをおすすめしています。

Node.jsはバージョンアップのライフサイクルが早いため、自由自在にバージョンを切り替えたい時があるのです。

qiita.com

yarnのインストール

yarnは、Facebook製のJavaScriptのパッケージインストーラーです。

brew install yarn

react-native-cliのインストール

Node.jsをインストールした時点でnpmが入っているので、npm経由でインストールします。

npm install -g react-native-cli

(注釈:「-g」をつけると、グローバル領域にインストールします。 個人的には、グローバル領域にインストールするよりも、個々のプロジェクトでローカルインストールして欲しい派だったりはしますが)

Android studio & Genymotion

Android Studioのインストール

一番お手軽なのは、Homebrewを使ってインストールする方法です。

brew cask install android-studio

インストールが終わったら、「Android Studio」を開いて「Configure -> SDK Manager」を選択します。

なお、私の場合はAndroid 5.0以降のSDKをインストールしました。

f:id:konosumi:20180710012731p:plain

f:id:konosumi:20180710013054p:plain

Android StudioのSDKのパスを通す

Xcodeでは、xcode-selectで切り替えましたが、Android Studioでは普通にパスを通します。

cd
vim .bash_profile

> # 以下を追加します。
> export ANDROID_HOME=$HOME/Library/Android/sdk
> export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools
> export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/platform-tools

source .bash_profile

Virtualboxのインストール

Virtualboxは、Genymotionのために使用します。GenyMotionはAndroidのエミュレータです。

brew cask install virtualbox

GenyMotionのインストール

Android Studioの公式エミュレータは遅いので、GenyMotionを入れます。

brew cask install genymotion

GenyMotionを起動したら、まずは「Settings => ADB」を設定します。カスタムADBのパスには「/Users/[ユーザ名]/Library/Android/sdk」を指定してください。

f:id:konosumi:20180710015308p:plain 設定が終わったら、仮想デバイスを追加します。私は「Nexus」と「Pixel」を入れました。

f:id:konosumi:20180710015448p:plain

Android StudioとGenyMotionの連携

Android StudioとGenyMotionを連携させます。

Android studio => SDK Manager => Plugins => Browse Repositoriesを選択します。GenyMotionで検索してプラグインをインストールします。

f:id:konosumi:20180710015656p:plain

(注釈:私は既にインストール済みなので出ませんが、検索するとインストールボタンが出てきます)

余談:IntelliJ(Android Studio)のVimプラグイン「IdeaVim」もおすすめですよ!

JDKのインストール

Android版のプロジェクトのビルドには、JDK(Java SE Development Kit)が必要です。

brew cask install java

> Password:
> installer: Package name is JDK 10.0.1
> installer: Installing at base path /
> installer: The install was successful.
> 🍺  java was successfully installed!

上記でインストールできるのですが、これだと、後にAndroid版のアプリを起動した時に、JAVAが新しすぎると怒られます。

What went wrong: Could not determine java version from '10.0.1'.

そこで、あえてJAVAのバージョンは下げてインストールします。

brew cask uninstall java
brew tap caskroom/versions
brew cask install java8

プロジェクトの作成

お疲れ様でした。これでようやく、ReactNativeプロジェクトを作成する準備が整いました。

react-native initをします。

 react-native init [project name]

Android版のエミュレータによる起動

Android Studioによる初期セットアップ

Android studioを起動して、「react-native init」によって自動作成されたReactNativeプロジェクト直下のandroidフォルダを開きます。

[project name]/android/

プロジェクトを開くと、しばらく初期セットアップが走りますのでそのまま待ちます。完了したら、右上からGenyMotionのエミュレータを起動します。

(注釈:プロジェクトを開くと、(左下に)エラーが表示されたりしますが無視してください)

f:id:konosumi:20180710021415p:plain

ちなみに、ReactNativeのGenyMotionでの起動は、私のブログよりも以下の「@tetsuzan」さんの記事のほうが詳しいです。

qiita.com

トラブルシューティング:Genymotionボタンが出てこない場合

私は、右上の赤色のGenymotionボタンが出てこないというトラブルに遭遇しました。

Android studioのツールバーは、View > Toolbar をチェックすることで、表示されます。

参考:https://qiita.com/nao_design/items/11cda8cb885256e03235

Android版の起動

ReactNativeのプロジェクト直下で「react-native run-android」で起動します。

react-native run-android

f:id:konosumi:20180710023407p:plain

Android版のログは、以下のコマンドで見ることが出来ます。

react-native log-android

f:id:konosumi:20180710023454p:plain

iOS版のシミュレータによる起動

watchmanのインストール

iOS版では、watchmanが必須です。watchmanを入れてないと、iOS版を起動した瞬間にエラーが発生します。

brew install watchman

iOS版のシミュレータによる起動

ReactNativeのプロジェクト直下で「react-native run-ios」によって起動します。

react-native run-ios

f:id:konosumi:20180710025216p:plain

なお、起動するシミュレータは、XcodeでiOSプロジェクトを開いて変更することができます。Xcode上から、ReactNativeプロジェクトを起動することも可能です。

open ios/[projectname].xcodeproj

(注釈:openコマンドを使わず、普通にXcodeからプロジェクト直下のiosを開いても問題ありません)

f:id:konosumi:20180710024114p:plain

Android 版の実機ビルド

実機でビルドするためには、まず実機端末でUSBデバッグを許可する必要があります。

  • システム > 端末情報 > ビルド番号を連打(6回くらい押す必要があります)
  • システム > 開発者オプション> USBデバッグを許可します

USBデバッグを有効にしている端末を、1台だけUSB接続している状態でAndroid版を起動すると、自動的に実機に対してアプリがビルドされます。

react-natave run-android 

iOS版の実機ビルド

iOS版も同じく、USBで接続して起動します。なお、iOS版ではXCodeを起動してビルド端末に実機を指定する必要があります。

ただ、私は面倒くさがりなので、以下の方法でコマンドラインから起動できるようにしています。

npm install -g ios-deploy
react-native run-ios --device "デバイス名"

makoto1212.hatenablog.com

各種デバッグについて

以下の方法で、起動中のアプリに対してデバッグメニューを表示することができます。

  • 実機(Android, iOS共に):端末をシェイクする(振る)
  • GenyMotion(Androidエミュレータ): command + M
  • iOSシミュレータ: command + D

JSコードの変更を反映する「Reload」や、変更を即座に反映するオプションである「Hotreload」と「Livereload」、またログを見るための「Debug JS Remotely」辺りはかなり重要です。

f:id:konosumi:20180710025422p:plain

詳しくは以下の記事にも書きましたので、宜しければご参照ください。

www.konosumi.net

Hotreload と Livereload の違い

以下のstackoverflowに、詳しく書いてあります。簡単に要約すると、Livereloadはアプリの再起動のような動きをしますが、Hotreloadはアプリの状態は維持されるという違いがあります。

stackoverflow.com

さいごに

ReactNativeのプロジェクトは、Android Studio・Xocde・JS関連(ReactNative)をそれぞれインストールする必要があるため、どうしても最初にやることが多くなってしまいます。

ただ、最初のセットアップさえ完了してしまえば、以降はAndroidとiOSのアプリを同時に動作確認できます。

なお、Android版のセットアップには以下の「@ykubot」さんの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

qiita.com