このすみ技術ろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

Windowsアップデートが失敗する問題に立ち向かう

家族のパソコンがWindows Updateに失敗するため、原因を調べてます。

残念ながら問題はまだ解決していないのですが、その過程でWindows Updateに失敗する時の対処法に関する知見を得たので、共有します。

Windows Update トラブルシューティング ツール

まずは公式のトラブルシューティングツールです。 Windows Updateを妨げている問題を診断してくれます。

Windowsのスタートメニューから、ポチポチするだけでたどり着けるためお手軽です。 実際に実行したときはひとつ問題を検出してくれたのですが、悲しいことにスクリーンショットを取り忘れました。

support.microsoft.com

DISM: システムイメージの破損の確認と修復

Windowsシステムイメージの破損の確認、および修復を行うことができるコマンドです。 破損チェックには大きく分けて2つのコマンドがありますが、私は両方実行しました。

  • 破損チェック: Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
  • 破損チェック・修復チェック: Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
  • 修復: Dism /Online /Cleanup-image /Restorehealth

私が実際に実行した際は、破損が確認されたため、Restorehealthも実行しました。

注意点としては、管理者権限でコマンドプロンプトを実行する必要があります。 あと、コマンドのタイピングはすべて小文字でも問題ありませんでした。

docs.microsoft.com

onoredekaiketsu.com

sfc: システムファイルチェッカー

システムファイルチェッカー、 整合性チェックを行います。 DISMと同じく、管理者権限で起動したコマンドプロンプトにて実行します。

  • sfc /scannow

実際に実行したときの結果をキャプチャしたのですが、見事に引っかかってます。 そして私のケースでは、一部の修復に失敗してしまったわけですが。。

support.microsoft.com

freesoft.tvbok.com

まとめ

Windows Update問題に遭遇したら、まずは3つのツールで診断することをオススメします。

  1. Windows Updateのトラブルシューティングツール
  2. DISM: システムイメージの破損の確認と修復
  3. sfc: システムファイルチェッカー