このすみろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

Kindle PaperwhiteとiPadで、読書がはかどるようになった

最近Kindle Paperwhiteを買ったのですが、読書がはかどるようになりました。 何がすごいって、読み続けていても目が疲れないので、延々と読書できます。

それとは別に元からiPadは持っているので、使い分けなどをメモします。

iPadでは主に技術書の電子書籍を読む

主にPDFの技術書を読むために使ってます。 Gihyo Digital Publishingで購入したWEB+DB PRESSなどは、iPadにPDFをダウンロードして読んでます。

もちろんPCでもPDFは読めるのですが、私の場合PCだと誘惑が多く、途中で休憩と称してネットゲームなどでサボってしまうことがわかりました。 ちなみにこれが、電子書籍より紙派を続けていた主な理由です。

そこであえて、読書に集中できるよう、技術書を読むのはiPadで統一することにしました。 iPadには、誘惑になりそうなソーシャルゲームを一切ダウンロードせず、読書に集中できるよう工夫しています。

Kindle Paperwhiteでは、文庫・新書・マンガを読む

Kindleでは主に、縦書きの小説や実用書、またはマンガを読むために使ってます。 目が疲れにくく、読書を続けやすいのが良いところです。

ちなみにKindle Paperwhiteのサイズは6.8インチなので、大型本は読みづらいです。 あと、横書きの本はKindleだと読みにくく、縦書きの本はKindleでも読みやすいことがわかりました。

現在の私は、iPadで技術書を読むのに疲れたら、Kindleに持ち替えてリフレッシュみたいに使い分けてます。

あとがき

iPadとKindle Paperwhiteのおかげで、以前よりも読書がはかどるようになりました。 余談ですが、電子書籍メインにしたことで部屋の本棚を減らすことができたので、部屋を広く使えるのが地味にありがたいです。