このすみ技術ろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

WSL2環境のUbuntuに、aptでNode.jsとnpmをインストールした

プライベートのパソコンはWindowsを使っているのですが、ちょっとした理由でnodeコマンドが必要になったため、WSL2環境にインストールしました。

先に結論から言ってしまうと、普通にaptコマンド経由でインストールできました。

$ sudo apt update
$ sudo apt install nodejs
$ sudo apt install npm

インストール自体はお手軽だったのですが、注意点もあることがわかったので、備忘録も兼ねてメモします。

aptコマンドでNode.jsをインストールする場合の注意点

Node.jsのバージョンが古い

さっそくインストールをしてみたわけですが、本記事を書いた時点では、v10系のNode.jsがインストールされました。

現在の最新版はv16.5.0なので、これは古いバージョンであることがわかります。

$ node --version
v10.19.0
$ npm --version
6.14.4

ちなみに、apt searchでも確認してみましたが、やはりv10系でした。

$ sudo apt search nodejs

nodejs/focal 10.19.0~dfsg-3ubuntu1 amd64
  evented I/O for V8 javascript - runtime executable

npmコマンドを使うには、別途インストールする必要がある

sudo apt install nodejsでは、npmコマンドまではインストールされませんでした。 そのため、今回は別途インストールしました。

$ sudo apt install nodejs
$ sudo apt install npm

なお、npmから先にインストールした場合は、依存パッケージとして一緒にnodejsもインストールされました。 ただ、明示的に指定するほうが無難なので、素直に同時インストールするのが良さそうです。

$ sudo apt install nodejs npm

まとめ

WSL2のUbuntsuにnodeコマンドをインストールする手順は、sudo apt install nodejs npm を実行するだけです。 しかしながら、このやり方ではインストールされるNode.jsのバージョンが古いという、最大の欠点があります。

あくまでnodeコマンドの一時利用であれば問題なさそうですが、それ以外のユースケースでは、素直にnodenvnodebrewの採用を検討するほうが良さそうです。