このすみ技術ろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

トラックボールマウスに変えて1週間が経ったので、感想を書いてみる

とあるYouTubeのデスクツアー動画で、トラックボールマウスが紹介されていたのですが、すごく気になったので買ってみました。

最近になってようやく慣れてきたので、感想などつらつら語ってみます。

ロジクールのM575を購入した

私が購入したのは、ロジクールのERGO M575というトラックボールマウスです。

www.logicool.co.jp

ちなみにエレコムのほうが少し安かったので、かなり迷いました。 最終的には、ロジクールのM575がBluetoothと無線USBレシーバーに両対応している利便性が決め手となり、ロジクールにした次第です。

トラックボールマウスで苦労したこと

トラックボールマウスは挫折する人が多いと聞きますが、それは事実だと思いました。 とくに初日はつらく、普通のマウスに戻りたい気持ちを抑えるのが大変でした。

いくつかの壁を乗り越えたので、共有します。

マウスカーソルの移動速度が合わない

使い始めて最初に感じた違和感は、マウスカーソルの移動速度です。 カーソルの移動速度が想像以上に遅く、これがかなりのストレスでした。 移動速度を上げるためには、ボールを勢いよく動かす必要がありますが、これだと指が疲れそうです。

解消法としては、OSのマウス設定を開き、マウスカーソルの移動速度を上げることにしました。 おそらくですが、既存のマウス設定は通常マウス用に最適化されているので、ここを変えるのがファーストステップだと思います。

ドラッグアンドドロップがやりにくい

普通のマウスであれば、ドラッグアンドドロップの作業は、さほど大変ではありません。 しかしながら、これがトラックボールマウスとなると、想像以上に大変でした。 左クリックを維持した状態でボールを動し続けるのが、思ったよりやりにくく、挫折しかけました。

この問題は、クリックロック(またはドラッグロック)というOS設定で解消しました。 数秒間マウスをクリックし続けるすると、指を話してもクリックが維持されるという設定です。

universal-kakublog.com

トラックボールマウスの感想

手指の動きが最小限ですむから、負担が少ない

トラックボールマウスにしてもっとも良かったと感じるのは、マウスを縦横に動かしたりすることがないので、手指の移動が最小限ですむ点です。 普通のマウスを使っているときよりも、疲れにくく感じてます。

細かな移動が得意である

普通のマウスに比べて、細かな動きがやりやすいです。 ひとつ例を挙げると『電子書籍を読んでいるときに、特定の文章を選択ハイライトしたいときは、トラックボールマウスを使った細かな移動が便利』でした。

その半面、ネット麻雀は今でもトラックボールだとやりにくく感じているので、ゲーム系は普通のマウスのほうが合うかもしれません。

まとめ

勢いでトラックボールマウスに変えてみたわけですが、今は変えて良かったと思ってます。

個人的に良かったと感じている点は、OSのマウス関連の設定を知るきっかけになったことです。 最初の数日間は、慣れるまでの苦痛によるストレスが半端ないので、否が応でもOSのマウス設定と向き合うことになります。

間違いなく万人向けではありませんが、人生で一度くらいはトラックボールマウスに触れてみるのも、ありかもしれません。