このすみ技術ろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

近接センサーの故障で、電話中にiPhoneの誤動作が多発する件

私は初代iPhoneSEを使い続けているのですが、最近ひとつの悩みがありました。 それは、電話中に勝手にスピーカーモードに切り替わったりと、謎の誤動作が多発することです。

今までは電話中のスマートフォンの持ち方に原因がある思っていたのですが、調べていたらiPhoneの故障であることがわかりました。

近接センサーとは

近接センサーはiPhoneの上部に開いている、小さな穴の中にあります。

f:id:konosumi:20201220162724j:plain

近接センサーは顔の接近を検知すると、画面をブラックアウトして電話中にスマートフォンを操作できないようにします。

近接センサーが故障するとどうなるのか?

近接センサーが故障すると、画面はブラックアウトされず、表示は電話中の操作画面のままになります。 その結果、電話中に頬がiPhoneにあたってしまうだけでも、意図しない画面タッチを検知し誤動作が発生します。

落下が原因で故障した可能性が高い

私のiPhoneは、以前路上で転倒した際に落下し、画面が割れてしまいました。 右上が破損して一部の基盤が見えてしまってるくらいなので、衝撃は相当なものだったと思われます。

このときの衝撃が原因とは限りませんが、画面が割れるくらいの衝撃は、近接センサーの故障にも影響を与えてそうです。

さいごに

『近接センサーの故障、画面割れ、右上の破損』の状態で使い続けるのはさすがに困難だったため、 最終的にiPhoneSE(第1世代)からiPhoneSE(第2世代)へ、スマホは買い換えることにしました。

重要な電話をしている最中にスマホの誤動作が起こるとかなり焦るため、皆様もお気をつけください。