このすみ技術ろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

劇場版『SHIROBAKO』の感想、劇場版アニメを制作する物語【ネタバレあり】

劇場版『SHIROBAKO』を、映画館で鑑賞してきました。

テレビアニメ版の延長線上にある物語で、TV版の『SHIROBAKO』を観た人向けの映画です。 後半は駆け足感があったものの、映画の内容はとても良かったので、所感などをつらつらと書きます。

なおネタバレを含んでおりますので、あらかじめご了承ください。

f:id:konosumi:20200304013237j:plain

shirobako-movie.com

創作欲がかきたてられる

私が『SHIROBAKO』を好きな理由のひとつに、創作欲を刺激するワクワク感があります。 テレビアニメ版はテレビアニメを制作するアニメでしたが、本作は劇場版をつくる劇場版アニメです。

ムサニのメンバーが一丸となって、映画を制作します。

ちなみに私が同人活動をやってみたくなった理由のひとつに、SHIROBAKOの存在があります。 アニメ制作に限らず、観る人を創作してみたいという気分にさせる魅力が、本作にはあると感じました。

没落した武蔵野アニメーション

本作はTVアニメ(第三飛行少女隊の制作)から、4年後の世界が舞台になります。 そこでは武蔵野アニメーションが、まるで廃墟のように没落しています。

とくに丸川社長がムサニの社長を辞任していたのは、みていて悲しかったです。 丸川社長は個人的に、一二を争うくらい『SHIROBAKO』で好きな登場人物だったのに!

・・・でも浮き沈みがあるのは、ある意味でリアルに感じました。 個人の創作でもスランプに陥る時期はあるし、もちろん会社だって低迷するときはあります。

本作が描いているのはアニメ制作の現場ですが、「つらい時期こそクリエイターの真価を問われ、それをも乗り越える人だけが本物のクリエイターになることができる」 私は本作に、そのようなメッセージがこめられていると解釈しました。

妥協するか本心を貫き通すのか

本作では登場人物が重要な決断をするシーンが、随所にあります。 ずかちゃんが登場するシーンでは、事務所の売り込み方針とは違うとわかっていながら、『空中強襲揚陸艦SIVA』の声優オーディションを自ら志願するシーンが描かれます。

また木下監督は、ダビングを終えて完成した『空中強襲揚陸艦SIVA』のラストに納得がいかず、公開3週間前にもかかわらずラストの差し替えを決断します。

私もたくさんの後悔を経験していますが、妥協したり空気に流された決断をしてしまい、後になって後悔することはリアルでもよくある話です。 そういう意味で、「本作で描かれる登場人物たちは、意志が強かった」です。

ムサニが没落した後から『空中強襲揚陸艦SIVA』の制作に入るまでには、空白の期間がありました。 その期間は皆がモヤモヤを抱えていたと思うのですが、大きな挫折を経験したからこそ、彼ら(彼女ら)は強い意志を持つことになったのではないでしょうか?

「やって後悔するのか、やらないで後悔するのか」 本作は最終的に映画の制作が間に合って、ハッピーエンドで終わります。 でも、もし制作が間に合わないエンディングで終わったとしても、感想は変わらなかったと思います。

光と影、山あり谷ありのアニメ制作の現場

本作が描き出しているのは、アニメ制作の光と闇です。 「げーぺーうーとの利権関係」や「タイムヒポポタマスの制作騒動」をはじめ、アニメ制作のドロドロとした部分も遠慮なく語られます。

一方で子どもたちがアニメーションに目を輝かせていたり、ムサニのスタッフたちが再集結してひとつの劇場版を創り上げる過程は、とても感動しました。

ただ本作が惜しいなと感じたのは、『空中強襲揚陸艦SIVA』のラストの作り直しを決めてから、公開にいたるまでの苦労や制作過程がカットされてしまっている点です。 おそらく映画の尺の都合で致しかたなかったのだと思いますが、そのせいで木下監督がラストの作り直しを決めた決断の重みが、観客側からすると軽くなってしまった気がします。

一丸となって創作することの魅力

本作ではアニメ制作を、ムサニメンバーが再集結して行ないます。 メンバーが再集結していくまでの過程は、観ていてワクワクしつつドキドキしました。

うまく言葉で表現するのは難しいですが、本作はチームを結成して一丸となって制作(創作)することの楽しさを、観る人に伝える物語ではないでしょうか。

さいごに

細かいことを言えば、劇場版の新キャラクターである「宮井楓」の内面があまり描かれていないなど気になる点こそあるものの、映画はとても良かったです。 しばらくは余韻に浸っているので、ほとぼりが冷める頃に再鑑賞したいと思います。

余談ですが、遠藤さんの妻が天使すぎてすごい。 『空中強襲揚陸艦SIVA』も全編を観てみたいなぁ。 ヨーソロー!