このすみろぐ

とあるWebエンジニアが、技術や趣味について書くブログです。

東風戦と東南戦の、麻雀の打ち方の違いを考察してみる

最近は麻雀から遠ざかっていたのですが、先日空き時間に麻雀格闘倶楽部をゲームセンターでプレイしたことをきっかけに、麻雀を少しずつ再開することにしました。

せっかくの機会なので、自分の麻雀の打ち方に対する考えを整理してみます。

東風戦:和了率を重視した速攻型

東風戦の特徴は、なんといっても4局しかないことです。 のんびり構えていると和了れないまま終局することも多いので、積極的に副露して速攻型で打つようにしています。

和了率を重視したスピードタイプの麻雀ですが、これにはふたつ理由があります。

東風戦では、誰かを突出させてはならない

東風戦は局数が少ないので、誰かに大物手を和了られてしまうと、挽回が困難です。 そこでスピード重視の麻雀を打つことで、相手の大物手を妨害します。

相手にゆっくり手作りするチャンスを与えず、和了らせないことが目的です。

点数が少しでも多ければ、順位アップとラス回避に有利である

天鳳のようなラス回避ルールだと顕著ですが、麻雀は一点でも多いほうが有利です。 500点差で順位が入れ替わることもザラなので、オーラスをひとつでも上の順位で、余裕のある状態で迎えたいと思っています。

東南戦:守備を重視した打点型

東南戦は東風戦より長いので、じっくり打つようにしています。 その中でとくに重視しているのが、振り込みで一人だけ点数が凹まないことです。

勝つ麻雀よりも、負けない麻雀を打ちたい

負けない麻雀のコツは、なんといっても振り込まないことです。 たとえ誰かに跳満をツモられたとしても、子であれば3,000点の出費でしかないので、いくらでも挽回ができます。

でも、これが振り込みだったとしたら12,000点を支払うことになってしまうので、一気に形勢が不利になります。 とくに振り込みは精神的ダメージが大きく、挽回しようと自棄になってしまったり、冷静さや平常心を失うきっかけになります。

麻雀ははっきり言って心理戦なので、コンスタントに勝ちたいのであれば、精神が乱れにくく浮き沈みの少ない打ち方がオススメです。

一撃を叩き込むカウンターサッカー

守備を重視するといっても、和了らないのと勝てないのが麻雀なので、手作りはします。 私は面前型なので、ピンフやチートイツを基本線にしています。

とくに重要なのはドラです。 ドラはもっとも簡単に点数がアップできる役なので、よほどの理由がない限り使い切るようにしています。 難しいのは1・9・オタ風がドラになるケースですが、この場合は役牌を組み合わせて、1・9・オタ風を雀頭で使う作戦が良いかもしれません。

私は面前でいつでも守備にまわれる体制を維持しつつ、カウンターで満貫以上のリーチを叩き込むのが好きです。 満貫は点数の高い手作りのように思えますが、ピンフを絡めれば「メンピンドラドラ」「メンタンピンドラ」「メンピンイーペイドラ」ですぐに到達できるので、難しいことではありません。

麻雀を上手くなるためにやっていること

東風戦では牌効率を考える

東風戦ではスピード重視の麻雀を打つと決めているので、最速テンパイを目指します。 そこで必要になるのが牌効率という考え方なんですが、私もまだまだ覚えきれてはいません。

基本的には副露しやすい形や両面形を重視しつつ、孤立牌もくっつきを意識し、良形かつ高速テンパイを目指すようにしています。

東南戦では守備の基本をまず覚える

東南戦では守備を重視するので、安全牌・スジ・ベタオリなど守備の基本を覚えるのが最優先です。

ただし守ってばっかりだと、つまらない打ち手と言われることがあります。 そのせいもあってか、酒を飲んでいるときの麻雀は、普段よりも攻撃的になることが多いです(笑)。

また対戦相手が打点の低い和了率重視だった場合は、振り込んでも痛みが少ないため、攻撃型スタイルへの切り替えもありかもしれません。

さいごに

私の麻雀の打ち方を要約すると、「東風戦では誰かを突出させないこと」「東南戦では自分の点数が凹まないこと」です。

この打ち方が強いのかどうかはわかりませんが、麻雀には色々なスタイルの打ち方があるので、試行錯誤しながら気ままに麻雀を打っていきたいと思います。