リア充美少女と恋愛経験ゼロのオタク男子の純愛を描く - 映画3D彼女リアルガールの感想

西野カナさんの「Bedtime Story」を購入したので、思い立って「映画3D彼女リアルガール」について書くことにしました。

wwws.warnerbros.co.jp

「映画3D彼女リアルガール」は、とても面白い作品です。笑いあり、涙ありです。

感動で涙しそうになるほど切ないシーンもあれば、主人公が不器用すぎて笑えてしまうシーンもあります。だいぶ前の話ですが、私は映画館で鑑賞しました。

感想を書いていきます!

目次

概要とキャラクター感想

突然付き合うことになる二人

2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井光の面白さに目を付けた五十嵐色葉は、つっつんと付き合うことにします。

最初、つっつんはドッキリ、もしくはイジメなのではないだろうかと勘違いします。でも、嘘ではなく本当でした!

デートを繰り返しながら、二人は親交を深めていきます。普通なら「リア充爆発しろ」と言いたくなる局面ですが、そうはなりません。なぜかと言うと、つっつんが不器用すぎて、笑えるどころか応援したくなってくるからです。

オタクに引かない色葉

つっつんの家へ行くことにした色葉は、ついにつっつんの部屋とご対面しました。彼の部屋は、美少女フィギュアが飾ってある典型的なオタク部屋です。でも、彼女はけろっとしています。

むしろ、フィギュアを興味深く眺めていて、愛着すら抱いています。なんというか、色葉からしたらオタク趣味は専門外(蚊帳の外)の分野なので、好きも嫌いもないんだろうなぁ、という印象です。

f:id:konosumi:20181111030855g:plain

不器用すぎるつっつん

つっつんはとにかく不器用です。告白は振ってしまうし、ストーカーにも間違われます。

最初のうちは不器用だなぁと思いながら見ていたのですが、途中からはつっつんのことを応援したくなりました。

彼はとにかく真っ直ぐです。ただ単に、恋愛に慣れてなかったり表現が下手なだけで、心はピュアなんです。

f:id:konosumi:20181111030918g:plain

悲運の綾戸純恵

もし、綾戸純恵がもう少し早くつっつんと出会っていたら、つっつんは綾戸純恵と付き合っていたことでしょう。

彼女もまたオタク趣味をもち、つっつんとは話が合います。

恋愛は勢いとタイミングが重要で、純恵はそういう意味では悲運です。でも、つっつんと周りの仲間達と遊んでいる時の純恵は、とても楽しそうでした。

f:id:konosumi:20181111030941g:plain

親友の伊藤悠人

彼は、いわゆる主人公の親友ポジションです。伊藤悠人もまたオタクなのですが、最初は主人公のつっつんに対して、リアルにはのめり込まないほうが良いスタンスをとっています。

つっつんの本気度を悟った悠人は、スタンスを変えることになります。こんな親友が欲しかったと、わりと思います。

f:id:konosumi:20181111031002g:plain

感想編

オタクはピュアである

本作を観ていて感じたのですが、オタクはピュアなのです。

1つの趣味で熱烈に没頭できるのは、ある種の才能です。オタク趣味の場合は、それがたまたまオタク趣味だったというだけです。

つまり、オタクは純粋なのです!

応援したくなるような恋愛

本作を観ていて「リア充爆発しろ」と感じなかったのは、つっつんも色葉も一生懸命だったからです。

なにせ、2人は突然付き合いはじめます。何回かデートを重ねて「付き合いませんか?」ではないのです。それゆえの苦労、戸惑い、もどかしさ、本作の魅力はそこにあります。

応援したくなるような恋愛、これこそが本作の魅力です。

記憶を失う悲しみ

5年後に再開した色葉は、記憶を失っていました。2人が育んできた恋愛は、もろくも崩れ去ります。しかしながら、間淵医師も記憶喪失につけこんで、悪いやつすぎて苦笑いです。

後半は駆け足なところがあって、ハロウィンのシーンも唐突です。もう少し映画の尺があったら、丁寧に描けたのかなぁという印象を持ちました。

さいごに

「映画3D彼女リアルガール」は、笑いあり涙ありの楽しい作品です。劇場公開は2018年9月のため、ほぼ公開は終了してしまったのですが。DVDやブルーレイがレンタルを開始したら、また観ようと思います。

西野カナさんの「Bedtime Story」も映画の雰囲気にあっていて、良い曲です。CDではないですが、私は配信で購入しました。

www.youtube.com

不器用だからこそ一生懸命で、恋愛は「いいなぁ」と純粋に思える作品です。是非ご賞味あれ。