技術書典5向けのポスターや、購入者特典ポストカードができるまでの制作過程を語り隊

技術書典5向け同人誌の出稿をようやく終えましたー!

techbookfest.org

もう原稿は印刷所に渡してしまったので、後は印刷されるのを待つだけです。本は、当日のサークルスペースに置いてあり、完成した本を見るのはイベント当日になります。

今回は、印刷所に追加で「ポスター」と「ポストカード」も申し込んでいます。本以外のことについても書いてみたかったので、少し書いていこうと思います。

目次

当日のディスプレイで使う卓上ポスター

ポスターは、イベント当日のディスプレイで使用します。ねこのしっぽの店頭で「組み立て式の卓上POPスタンド」を買いました。これに発注したB4サイズのポスターを組み合わせて、当日のサークルスペースに置く予定です。

今回の技術書典5は500を超えるサークルが参加し、過去最大規模のスケールになっています。少しくらいは販促活動も頑張ろうと考えました。ちなみに、B4サイズは卓上で飾れる中では大きめのサイズです。

f:id:konosumi:20180930111812p:plain

同人誌印刷の各種オプション

卓上ポスターの申込みは、同人誌の印刷申込みと一緒に行なうことができます(ねこのしっぽの場合)。表紙の画像データを使って申し込めるので、追加のデータ作成は不要です。

購入者特典のポストカード

ポストカードは、購入者特典で使用します。前回の技術書典4では、本を300円で頒布しましたが、今回の新刊はそれよりも高額になります。そこで、何か購入者特典を用意しようと考えました。

(↓ 前回の技術書典4の振り返り記事です)

www.konosumi.net

ポストカードの良い点は、購入者特典や販促活動で使うグッズの中でも、お値段が手頃であることです。今回は、発注した本の冊数(新刊2冊 150冊 + 150冊)と同数(つまり300枚)を発注しましたが、お値段は4000円以下の金額です。

f:id:konosumi:20180930112155p:plain

同人誌印刷の各種オプション

ポストカードも同じく、表紙のデータを使って申し込むことができます(ねこのしっぽの場合)。ただ、今回は購入者特典用に専用で制作したので、別ファイル(PSD)を用意しました。

購入者特典ポストカードのイラストができるまで

購入者特典のポストカードは「PHP中級者を目指す 〜言語を使いこなすための本〜」の表紙と裏表紙を担当してくださった、藤依ひなさんが描いています。

ラフ画(原案)

今回のポストカードの目的は、本の購入者の皆様に感謝の意を表明することです。そこで、感謝や喜び、嬉しさを表現するイラストにしました。

PHP中級本の表紙を飾ったキャラクターが再登場し、活躍しています。

f:id:konosumi:20180930114629j:plain

文字で感謝を表現するかどうかに迷う

今回、特に迷ったのが「お買い上げありがとうございます」の文字を入れるのか、それとも入れないのかです。

藤依さん(イラストレーター)から頂いたパターンには、以下の3パターンがありました。

1. 手書き文字で「お買い上げありがとうございます」を表現する

f:id:konosumi:20180930114922j:plain

2. 通常のフォント文字で「お買い上げありがとうございます」を表現する

f:id:konosumi:20180930114930j:plain

3. 「お買い上げありがとうございます」の文字は挿入しない

f:id:konosumi:20180930114951j:plain

文字はあえて挿入しないことにした

検討した結果、文字の「お買い上げありがとうございます」は挿入しないことにしました。

  • イラスト本体が既に喜びや感謝を表現しているので、文字も入れてしまうと少しくどいように感じた
  • 純粋にイラストのキャラクターを見て、嬉しさを感じて欲しいから
  • ...etc

理由はいくつかありますが、文字に頼ることなくイラスト一本で表現すると決めました。そのため、当日の会場でお配りするポストカードは、「お買い上げありがとうございます」の文字が入っていないバージョンになります。

藤依ひなさん、柔軟にご対応いただきまして、ありがとうございました。

f:id:konosumi:20180930125509p:plain

さいごに

同人誌制作において、本の執筆は大変であることが多いです。でも、当日のディスプレイを考えたり、購入者特典を考えたり・・・など、そういった付随する側面が楽しかったりします。

それに、前回の技術書典4に続いて今回(技術書典5)も出典しようと決めたのは、本を当日買ってくれる人たちが、思いのほか優しかったからという理由があります。少しでも変なことを書いたらマサカリが飛んできそうとか、そんな事はなく、平和な世界でした。

「本を購入していただいた方への、喜びや感謝を表現したい!」と、考えながら制作したポストカードですので、地味なようで意外と作り込んでいます。

ポストカードも、当日のサークルスペースに搬入されるため、まだ私も現物を見たわけではありません。なので、イベント当日が楽しみです!

techbookfest.org