武田鉄矢氏が語る、この世界の片隅にの魅力 今朝の三枚おろし(前編)

f:id:konosumi:20180629031139j:plain

武田鉄矢・今朝の三枚おろしにて、映画「この世界の片隅に」の特集がありました。なんと、最近TSUTAYAにハマっている武田鉄矢が、自ら鑑賞して自ら語る会なのです!

私は、自他ともに認める「この世界の片隅に」のファンなのですが、丁寧に細かく語っているので、朝の通勤でニヤケが止まりませんでした。

本記事は、今朝の三枚おろしで武田鉄矢氏が語った魅力を、ダイジェスト形式でお届けできればと思っております。

目次

メッセージ性を全面に押し出さない

本作のジャンルは、広島の原爆を描いた作品であり、反戦や平和への願いが込められていると、氏は語ります。

そこで武田鉄矢氏が感動していたのは、メッセージ性を全面に押し出さないという巧みさです。

背中に木箱を押しつけるという細かさ

本作の冒頭で、すずさんは船着き場の石垣に押し付けて、木箱を背負っています。氏はその光景を見て、背中で木箱を背負うために、電信柱に木箱を押し付けているような過去の記憶が蘇りました。

そういった細かい描写の数々に氏は魅せられ、少しずつ「この世界の片隅に」の世界に引き込まれていきました。

原爆で燃える前の広島の光景

広島の風景は。とても綺麗です。すずがすれ違う人たちは、普通に広島の街を歩いています。

原爆で燃える前の広島は、こんなにも美しい光景だったのかと、氏は語ります。

アレと思った点

バケモノと出会った時に、すずはバケモノが背負っているカゴに入れられてしまいます。そのカゴの中で出会った青年は、誰だったのでしょうか?

氏は、カゴの中で出会った青年が将来の許嫁であると語ります(注釈:北條周作のことです)。北條周作は、カゴの中ですずを見初めました。

結婚という重大な決断にもかかわらず、すずは「さてさて、困ったねぇ」と可愛く首をかしげながら、嫁に嫁いでいきます。実に平凡な結婚生活が、ここから始まるのです。

水原哲が初恋相手

氏は、水原哲がすずの初恋の相手だったと語ります。すずは、映画の中で見初めた人がやってきたと言われた時に、幼馴染の「水原哲」とすれ違っています。

  • (すず)あんたと思うたんよ
  • (哲)この慌てものが(少し怒り気味に)
  • (すず)あんたじゃなかったのかい

嫁ぎ先が期待とは違ったすずですが、着物を一丁持って、口紅を少しだけ塗って、椿の花が一輪のシーンに、氏は切なさを感じました。

f:id:konosumi:20180629031201j:plain

嫁ぎ先の呉へ向かうすず

呉へ向かうすずは、歩きと鉄道を乗り継いで、北条家のある呉へと向かいます。和服にもんぺの姿のすずを観て、氏はジーンと来ました。

見初めた人は、北条周作という海軍に勤める青年です。北條サンの体調が思わしくないため、女手が必要であるという理由もあったようです。

すずさん、傘は持ってきたかね?

すずのおばあさんは、結婚前に「傘は必ず持っていけ」とすずに伝えます。

なんと、傘を広げて見せる行動は、結婚がOKであるという地方の合図だったのです。映画の中では、この辺りのくだりが詳しく語られる事はありませんでした。

戦時下の暮らし

戦時下のすずの暮らしは、細かく描かれています。白米に芋を大量に混ぜたり、たんぽぽの葉、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)、そして梅干しの種まで、ダシに使います。

ひたひたと日常が描かれるシーンに、氏は切なさを感じました。アニメは淡々と描きますが、氏はどんどんと吸い込まれていきます。

戦争の足音は、たった一枚のスケッチで憲兵に捕まるくらいに、刻々と近づいていました。

この世界の片隅には人形浄瑠璃である

私達は、何故すずさんに魅了されるのでしょうか?氏は、実際の人間が演じるよりも、アニメだからこそ可能であると語ります。

生身の人間が演じるよりも、手で操った人形のほうが感情を伝えられる、人形浄瑠璃という伝統芸能があります。氏は、この世界の片隅には人形浄瑠璃のような魅力があると感じました。

人形浄瑠璃が、人間の悲劇や苦悩を描く傑作を多く持つのは、人形が人間を演じているからであり、人形ゆえに悲劇を怯むことなく悲劇を凝視できるのです。この世界の片隅にもまた、アニメゆえに凝視できたのだと氏は語ります。

さいごに

北條周作の職業を、海軍工廠に勤める父と勘違いしていたり、哲が帰艦した艦を巡洋艦秋月と発言していたり(注釈:正解は青葉)と、細かな間違いこそありました。

しかしながら、熱心かつ情熱的に「この世界の片隅に」の魅力を語る武田鉄矢氏の姿に、私はとても感動を覚えました。

武田鉄矢・今朝の三枚おろしの「この世界の片隅に」特集は、二週に渡ってのお届けです。私はポッドキャストで聴いてますので、来週の配信が楽しみで仕方がありません。武田鉄矢氏の映画後半の感想を聴くのが、今から楽しみです!

お知らせ:後編を書きました

「武田鉄矢氏が語る、この世界の片隅にの魅力 今朝の三枚おろし(後編)」を書きました。

www.konosumi.net