「たくのみ。」のアニメの感想をつまみにして、お酒を語り隊

「たくのみ。」のアニメを観ました。

観ようと思った動機は単純で、お酒が好きだからです。日曜の朝からお酒三昧なアニメを観て、気分は既に酔ってます。

・・・というわけでして、「たくのみ。のアニメの感想をつまみにして、お酒を語り隊」を勝手に結成することにしました。

たくのみ。で登場するお酒

  • 1話「エビスビール」
  • 2話「焼酎ハイボール」
  • 3話「水曜日のネコ」
  • 4話「氷結」
  • 5話「キティ」
  • 6話「獺祭」
  • 7話「カルーア」
  • 8話「角瓶」
  • 9話「男梅サワー」
  • 10話「オリオンビール」
  • 11話「大七」
  • 12話「アサヒスーパードライ」

銘柄まで決め打ちというのが特徴で、例えばキリンの氷結であれば、氷結の製法を語ったりします。あと、登場するお酒は、意外と庶民的です。

獺祭は高級な日本酒だと思われがちですが、意外とそうでもなく普通に買えますよ!アニメを観て気になったお酒があれば、スーパーに足を運ぶと良いと思います。

f:id:konosumi:20180610145407j:plain

一番好きなのは獺祭回です

私も「魚と日本酒を組み合わせ隊」に入隊するよー。海鮮料理で言いますと、なめろう・ホッケ焼き・カニ味噌などが好きでございます。

獺祭は山口県岩国市のお酒なんですが、飲み口は柔らかく、万人受けの日本酒だなぁという印象を持ちます。一度だけ二割三分の獺祭を飲んだことがありますが、あれは確かに美味しかったです!

魚には日本酒、肉にはワイン・・・人間は上手い組み合わせを考えたものです。

たくのみ。は楽しい飲み会です

バーでしっとり飲むお酒も捨てがたいけど、お酒はやっぱり楽しく飲みたい!

初めての都会に戸惑うみちる、元気な直、冷静な真、大人の香枝さん。みんな性格はバラバラだけど、だからこそ会話のキャッチボールが楽しくて、良い意味の女子会だなぁという印象を持ちます。

f:id:konosumi:20180610145849p:plain

お酒とおつまみが美味しいと、会話も弾みます。僕は香枝さんとお酒を飲みたいです。香枝さんの作った寄せ鍋と魚料理を食べることが出来たら、僕はもう満足です。

ビールに始まりビールに終わる

第一話がエビスビールで、最終話がアサヒスーパードライです。やはりビールはお酒の王道ですね!

アニメでは、直がビールを飲めるようになったきっかけは「水曜日のネコ」という話がありましたが、私もお酒を飲み始めた当初はカクテルしか飲めませんでした。

確か、私がビールの苦味を受け入れるようになったのは、お酒は甘くない飲み物なんだと自覚してからだったと記憶しています。

酔いつぶれて酒を知る

私が初めて泥酔したのは、居酒屋で飲んだ久保田の萬寿でした。友人と飲んでいたのですが、最後にお会計をした時に、ワリカンでも一人あたり1万円を優に超えていて、びっくりしたことを覚えています。

お会計が万を超えるから萬寿なのかな(嘘)。二合も三合も四合も・・・美味しいからといって頼み過ぎてしまうが、旨い日本酒の怖いところです。

しかも、家まではみんなで歌いながら帰りました。あれは明らかに迷惑行為でしたね。近所の皆さんに申し訳ないです。

若さゆえの過ちではありますが、酒は飲んでも飲まれてはなりません。

さいごに

「たくのみ。」が良かったのは、お酒を楽しく飲んでいるところです。サラリーマンが居酒屋で愚痴をこぼしているような飲み方とは対極にあって、純粋にお酒そのものを楽しんでいます。

そして、お酒は誰と飲むかが重要なのです。みちると飲んだら初々しい気分になれるだろうし、直と飲んだら元気に酔いつぶれることが出来ます(笑)。真と飲んだら・・・飲んだくれの自分は説教される自信があります(苦笑)。香枝さんと飲んだら、美味しいおつまみで幸せな気分になれそうです。

さーて今日も晩酌だー!