名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)で百人一首と推理とラブロマンスを味わう

今日の夜は、最新作の「名探偵コナン ゼロの執行人」を観に行くこのすみです。

さて、2017年公開の前作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」は、私の中では、名探偵コナン映画の中でもベスト3に入る好きな作品です。

www.youtube.com

ちなみに、好きな映画で順位付けすると以下になります。

  1. 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)
  2. 名探偵コナン ベイカーストリートの亡霊
  3. 名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)

(注釈:ランキングには、私が服部平次派につき、服部平次補正が多分に含まれております)

・・・というわけでして、ゼロの執行人を観に行くにあたり、前作を再鑑賞しましたので、感想を書いていきます。ネタバレがありますのでご注意ください。

倉木麻衣「渡月橋 〜君 想ふ〜」

まず始めに、から紅の恋歌の何が良いって、主題歌が凄く良いんです!初めて映画館で聴いた時は、あまりに感動しすぎて、涙が出そうになりました。

www.youtube.com

倉木麻衣さんは、迷宮の十字路でも「Time after time ~花舞う街で~」を歌っているのですが、とにかくコナンと合います。私の中では、TV版は小松未歩さん、映画版は倉木麻衣さんの主題歌が一番好きです。

CDでも良いのですが、渡月橋は出来れば映画館の音響で聴いて欲しいくらいの名曲でした!

百人一首の激闘とラブロマンス

普段から部活で練習をしていると言えど「遠山和葉」の快進撃はやはり凄いです。愛のなせる技なのだろうか。

本作で「百人一首」に興味を持った方も多いかもしれませんが、私もその一人です。百人一首は、それぞのれの歌に深い想いが込められております。

エンディングロールの後、最後に新一から蘭に贈られた歌の話もそうですが、百人一首に全力をかける恋物語が、本作のラブロマンスの醍醐味です。

コナン「から紅の恋歌」の和歌の意味!百人一首の切ない恋歌 - hana's

  • 忍ぶれど 色に出にけりわが恋は ものや思ふと人の問うまで
  • 瀬を早み 岩にせかるる滝川の 割れても末に逢わむとぞ思ふ

遠山和葉の恋の行方

和葉が得意な歌を選ぶシーンは、とても和葉が可愛く描かれています。

皐月堂からバイクで和葉とジャンプするシーンでの服部平次のセリフ「お前に言わなあかんことがあんねん」は、間違いなくカッコいい名台詞なんですが、その続きが気になるよ!

遠山和葉 (とおやまかずは)とは【ピクシブ百科事典】

大岡紅葉(おおおかもみじ)は真っ直ぐで純粋

小学校の時の「かるた大会」で交わした約束を、ずっと覚えているなんて、可愛いところがあるじゃないか!

ラストの平次はお茶を濁して終わってしまいましたが、もし私が和服姿の「大岡紅葉」に告白されたら、即答で「はい」という自信があります(笑)。

本作では、遠山和葉の恋のライバルとして描かれていますが、振り返ってみると、大岡紅葉はとても真っ直ぐな性格です。

大岡紅葉 (おおおかもみじ)とは【ピクシブ百科事典】

しかしかながら、最後の最後に明かされる「嫁にとるさかい」の真相は、なかなかに雑なオチで笑っちゃいました。でも、これくらいの方が、コナンっぽい味が出てて好きですよ。

推理だけが難点

本作は、百人一首が熱く描かれているし、恋愛モノとしてみても面白い作品なのですが。個人的には、肝心の推理パートはイマイチです。

怪しい人間は、分かりやすいくらい怪しく描かれます。推理モノとしての楽しみは、少し薄いかなぁ。

さいごに

振り返ってみると、本作が面白かった理由は「テーマ」と「軸」がしっかりしていることに起因すると思います。

頭文字Dなら公道バトル、スラムダンクならバスケットボールと言った、テーマがはっきりしている作品は、やはり際立ちます。本作には「百人一首」という明確な軸があることによって、サブテーマである「ラブロマンス」と「推理パート」が、より活きました。

百人一首好きの方も、そうでない方も、本作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」は、大阪と古都京都で描かれる、和風ミステリーになっております。

そして、百人一首を通じた恋物語を、ぜひご堪能ください。

劇場版名探偵コナン から紅の恋歌 (BD) [通常盤] [Blu-ray]

劇場版名探偵コナン から紅の恋歌 (BD) [通常盤] [Blu-ray]