トラ・トラ・トラ!【映画感想・レビュー】

TSUTAYAで「トラ・トラ・トラ!」をレンタルし、観賞しました。

きっかけは「武田鉄矢今朝の三枚おろし」で、TSUTAYAの話題(TSUTAYAでビデオを借りるようになった)があったからと言いますか、それだけだったりするのですが(笑)。

映画の感想を書いていきます。

トラ・トラ・トラ! (完全版) [Blu-ray]

トラ・トラ・トラ! (完全版) [Blu-ray]

史実を元にした真珠湾攻撃の映画である

「トラ・トラ・トラ!」が制作されたのは1970年で、古い映画です。この映画は、第二次世界大戦の真珠湾攻撃を描いています。

この映画が良い所として、真っ先に挙げられるのは、大きな脚色はなく、ほぼ史実に沿って描かれているという点です。真珠湾攻撃は、奇襲に成功して大戦果をあげたと思われがちですが、以下の様な失敗があります。

  • 空母を叩く事ができなかった
  • 奇襲を開始した後に、後追いの形で開戦の電文が届いてしまった

こういった事実も含め、リアルに描かれているため、映画には緊迫感があります。これからは「空母と戦闘機の時代である」と言う事を、山本五十六連合艦隊司令長官は分かっていたわけです。だからこそ、真珠湾攻撃で空母を叩きたかった訳ですが。

そう言う意味では、ざっとでも良いので第二次世界大戦の前後の歴史を復習しておいた方が、楽しめる映画である事は間違いないでしょう。

日米の合作による映画である

この映画は、日本と米国のスタッフが集結することによって、日米の合作で制作されています。そのため、片方からの心情だけで描かれるといった偏りが生じず、バランスの良い映画になっています。

映画の前半は、日独伊三国同盟の締結から開戦の決意に至るまで、映画の後半は、大迫力の真珠湾攻撃です。

映画の前半は、日本側の苦悩や、アメリカ側による日本の暗号電文の解読を含め、各国の心理戦が描かれています。前半だけでもそれなりに長いのですが、それでも少し駆け足に説明しているように感じます。

歴史は、しっかり描写しようとすると、時間が何分あっても足りないんだなぁ・・・と、ふと感じました。

米国の将校が楽観的な観測をしていたり、レーダーに写った戦闘機の編隊を無視していたりと、自国の失態も含めて素直に描いているところも、好感が持てる映画です。

・・・でも、それがアメリカで興行収入が奮わなかった原因の一つである気もする。

古い映画とは思えないくらい、大迫力の真珠湾攻撃

映画の後半では真珠湾攻撃が描かれているのですが、これが1970年制作とは思えないくらい、とても大迫力でした。

爆発シーンも凄いし、戦艦もカッコいい。これがCGではなく実写による撮影で制作されたというのですから、驚きです。

見どころはやはり、大迫力の爆発シーンと、縦横無尽に飛び回る零式艦上戦闘機(零戦)です。CGもないのに、どうやって撮影したのだろうか?気になって仕方がありません。

ぜひ、実際に映画を観て体感して欲しいです。

さいごに

映画の最後は、とても余韻が残る終わり方です。ここから先の、長く激しい戦いを予見しています。

山本五十六連合艦隊司令長官が予想していた通り、アメリカで「リメンバー・パールハーバー」が起こってしまい、日本は徐々に苦戦を強いられるようになっていくのです。

史実から大きく外れていない映画である事によって、真珠湾攻撃は大迫力であるものの、鑑賞して気分がすっきりするような映画ではありません。でも、随所にコメディ要素も加わっていて、寅さんで有名な渥美清さんが料理人として登場していたりと、細かい見どころもたくさんあります。

ぜひ、観賞されてみてはいかがでしょうか?

トラ・トラ・トラ! (完全版) [Blu-ray]

トラ・トラ・トラ! (完全版) [Blu-ray]