Ricty と Ricty Diminishedのプログラミング用フォントをMacにお手軽に導入する

普段から何気なく使っている、プログラミング用のフォントがあります。「Ricty」と「Ricty Diminished」です。

プログラミング用フォント Ricty

プログラミング用フォント Ricty Diminished

私の周りでも、フォントにこだわっている人の話はあまり聞いた事がなくて、もしかしたらプログラマやSEの方でも、意外と知らない方が多いのかもしれません。

・・・でも、とても良いフォントなので、紹介します。

Ricty Diminished はLinux向けのフォントである

Ricty Diminished (リクティ・ディミニッシュト) は Ricty の姉妹フォントであり、 Linux 環境での研究・開発を想定したプログラミング用フォントです。
テキストエディタやターミナルエミュレータ、プログラミング言語やマークアップ言語に対する使用に適しています。
Inconsolata と Circle M+ 1m の合成、および、プログラミング用フォントとしてのいくつかのチューニングを行ったフリーな TrueType フォントを配布しています。
引用: http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty_diminished.html

ちなみに、ターミナルとの相性がとても良くて、私はMacのターミナルフォントに「Ricty Diminished」を使用しています。

f:id:konosumi:20180307004327p:plain

Ricty(Ricty Diminished)がプログラミング向けな理由

公式サイトを見ると詳しく書いてあるのですが、主に私が重宝しているのは、以下の3点です。

  • 半角文字と全角文字の横幅の比が 1:2 に調整されている
  • 全角スペースが可視化されます。
  • 文字が見やすく可読性が高い

特に、全角スペースの混入を可視化することや、全角文字と半角文字が混在しても文字の縦のラインが揃うことは、大きな利点です。

そして何より見やすい!

プログラミングは、ひたすら文字や記号と格闘することになるので、騙されたと思って、ぜひフォントにこだわってみて欲しいです。

なぜ Ricty Diminished なのか?

なぜ、私がRicty Diminished を使っているのかと申しますと、平たく言ってしまえばインストールがお手軽だからです。

Macで Homebrew がインストール済みであれば、以下の二行だけでインストールが完了します。

brew tap caskroom/fonts
brew cask install font-ricty-diminished

f:id:konosumi:20180307005809p:plain

インストールが完了すると、ターミナルのフォント選択で選べるようになります。

f:id:konosumi:20180307010150p:plain

さいごに

「Ricty Diminished」は、JIS 第二水準の漢字が含まれていないという欠点こそあるものの、とても見やすくてオススメなフォントです。

ちなみに、本家の Ricty では、その欠点も修正されます。気になる方は、補足を参考に本家 Ricty を使うのも良いでしょう。

プログラミングは、ひたすら文字や記号と触れ合うことになります。フォントにこだわって見るのも悪くないと思えてきませんか?

補足:本家 Rictyのインストール

本家のRicty も、Homebrewでインストールすることが可能です。

「Ricty Diminished」のインストールよりも、2つほど手順は増えてしまうのですが。そこはまあ、ご愛嬌ということで。

brew tap sanemat/font
brew install ricty
cp -f /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
fc-cache -vf

f:id:konosumi:20180307011541p:plain