Togglによる時間計測で、時間の使い方を可視化しよう!

Togglを使い始めました。Togglは一言で申し上げると時間計測ツールで、日々の時間の使い方をトラッキングして、時間の使い方を可視化することができます。

Toggl - Free Time Tracking Software

使い方については先人の知恵を借りるとして、以下の記事を見ていただければと思います。ウェブ企画ラボ様のページで、図解で分かりやすく使い方が解説されております。

webkikaku.co.jp

ここでは、Togglを使ってみた感想や、時間計測のメリットについて語っていきます。

どのように計測されるのか?

使い方は非常に単純で、何時から何時まで何をやっていたのかを記入するだけです。私は手動で時間を入力して登録しましが、作業の開始前に開始ボタンを押して、作業が終わったら終了ボタンを押すことで計測することもできます。

f:id:konosumi:20180102232848p:plain

プロジェクトをたくさん作成することができるのですが、私は仕事ではなくプライベート用で使用するため、取り急ぎ以下の3つのプロジェクトを作成しました。

  • ブログ
  • 英語の学習
  • 数学の学習

ダッシュボード画面では、どのプロジェクトに時間を割いたのかが、円グラフが描画されます。そのため、プロジェクトは細かく切ることをおすすめします。

今はプロジェクトが3つしかありませんが、今後は読書、映画鑑賞、ゲーム開発といったプロジェクトも増やす予定です。

f:id:konosumi:20180102233226p:plain

時間計測することのメリット

時間計測することのメリットは、以下のようなことが挙げられます。

  • 時間計測ツールに監視される事によって、無駄な時間を過ごさず何かしようという気分になる
  • 好きなことばかりしているとグラフが偏るので、作業のバランス配分が取りやすい
  • 日々の作業の成果が可視化されるので、サボった日が一目瞭然になる

ちなみに、私がTogglによる時間計測を使い始めた理由は、せっかくの年末年始休暇だと言うのに、どうにも無駄な時間を使いすぎて、本来やりたい事が全然進んでいないからです。

日々、どれだけ勉強にブログにプログラミングに時間を費やしているのか、可視化してみよう、というのがきっかけでした。

ただのスケジュール管理であれば、Googleカレンダーで十分なのですが、時間の使い方の傾向を分析したかったので、あえて専用ツールを導入しています。それに、TogglはiOS版やAndroid版もあるので、出先でも使えるのが良いですね。

私の場合、当面の間はTrelloでタスクを整理して、Togglで日々の作業時間を可視化していく感じでやっていこうと思っております。

www.konosumi.net

Togglのデメリット

ここまで、時間計測のメリットやTogglの良いところを述べてきたわけですが、Toggleも完璧ではありません。

まず第一に、ツールとしては非常にシンプルなので、高機能ではありません。あくまで、時間を計測するためのツールであると割り切って使うのが良いでしょう。

第二に、ツールとして劇的な感動はありません。あくまで、自分で作業時間を入力するなり、再生ボタンと停止ボタンを押す必要があります。計測はそれなりに人力なので、計測したいというモチベーションは保ち続ける必要があります。

さいごに

時間が計測されるとなると、無駄な時間を過ごすとプレッシャーになるので、少し焦ります。

それが良い結果に繋がるか、それとも悪い結果に繋がるかは人次第の側面がありますが、時間の使い方が可視化されることによって、無駄な時間や作業の偏りを是正することができます。

「時は金なり」と言います。お金を家計簿なりで管理して、傾向を把握している方は多いのですが、時間の使い方を把握している人の話はあまり聞くことはありません。

余談ですが、意外と受験生に向いてるサービスかもしれません。数学、英語、国語・・・と、プロジェクトを切って時間計測を始めれば、勉強科目の偏りや総勉強時間を一目瞭然で可視化できます。

時間計測サービス、侮れがたし。