【100記事を達成しました!】みなさんへの感謝とアウトプット駆動学習で今後も頑張るぞい!

つい先日、100記事を達成しました!

「このすみろぐ」というブログを開始してから、約4ヶ月です。仕事が忙しい中、多少の睡眠時間を削りつつも、とにかくブログを書き続けました。

ある程度の成果点は迎えたので、一度このブログに関して考察していきます。

みなさんへ感謝を申し上げたい

月並みではありますが、まずは普段アクセスしていただいている皆様に感謝を申し上げたいです。ブログは続かないとよく言われますが、私も四度目の正直でようやく達成しました。

ブログが続かない理由は色々ありますが、私の場合は、書いても誰も見てくれないからでした。下記の記事を見ると分かりますが、僅か50PVで上位3割に入ってしまうのが、ブログという世界です。

junichi-manga.com

よく「ブログを書けば、アフィリエイトやアドセンスで寝てる時間も売上が上がって・・・」と考える方も多いと思いますが、世の中そんな簡単には行きません。そもそも、誰からも見てもらえないブログでは、たくさんのコンテンツがひしめくインターネットの世界に埋もれてしまいます。

私の場合は、まずはブログのコンテンツを充実させようと考えました。そこで「様々なジャンルの記事を100記事書こう!」という目標を立てて、地道に記事を書いていきました。途中からは、文章を書くのが楽しみになってきたので、最近はほとんど趣味気分で書いています。

【継続は力なり】書き続ければPVは地味に上がる

下記は、最近1ヶ月間のブログのユーザ数のデータです。赤い丸で括った部分が、月間ユーザ数の推移です。ブログは更新を続ければ、少しずつではあるけれどアクセスが伸びていくことが分かりました。

f:id:konosumi:20171225045232p:plain

アクセス数は確かに上がりますが、上がり方は思ったより地味です。書き続けていて分かったことは「とりあえず食いしばって100記事書くべき」という暗黙の了解は、正しいことだと実感しました。

ブログというのは、基本的に質よりも量が重視されて、たまたまヒットした記事がブログの価値を押し上げるような世界なのです。

ブログって、始めたころは一日の訪問者が2人とかで、「なんのためにやっているんだろう…」と悲しい気持ちになるものです。
ボクも最初はもちろんそんな感じだったのですが、「とりあえず食いしばって100記事書くべき」という暗黙の奨励がブロガー界隈であったので、それを信じてただガムシャラに記事を書き続けてみたわけです。
(引用: http://parisnomemo.me/100blog/)

つまり、ブログは頑張って更新を続けていれば、ちゃんと成果は出ます。但し、アクセス数は気まぐれなので、アクセス数が上がる日もあれば下がる日もあります。それに、アクセス数の上昇はかなり地味です。長期目線で捉える忍耐力が必要になります。

この点で、ブログのアクセス数はダイエットに似ていますね。体調によっては体重が増える日もあれば減る日もあるので、体重は長期スパンで落としていくものです。

マーケティングの勉強になる

ブログを続けていると、マーケティングの大切さを実感します。ブログを見てもらうためには、ターゲットを明確にした上で、そのターゲットに対してリーチする必要があります。

特に、私のような雑記ブログの場合は、ターゲットを見失いやすいです。そういった意味でも勉強になりますし、SEOの知識もつきますし、SNSマーケティングの勉強にもなります。

今までは、とにかくブログを書き続けることの更新性を重視してきました。ただ、今後はマーケティングの勉強も兼ねて、色々とマーケティング的な実験にもチャンレンジしてみたいなと思っております。

Kuinコミュニティへの感謝

ブログというのは、書くのに慣れるまでの最初の段階が特に大変です。時間をかけて記事を書いても、ブログの1日のアクセス数は10〜20なので、成果を実感することもありません。

そんな弱小ブログにスポットライトを当ててくださったのが、Kuinというプログラミング言語のコミュニティのみなさんでした。Kuinコミュニティのみなさんには、感謝してもしきれないくらいの気持ちを抱いています。

f:id:konosumi:20171225045253p:plain

私がブログを諦めずに続けられたのは、Kuin言語の記事がヒットしたからに他なりません。はてなブックマークの人気エントリー入りを果たしたのが「くいなちゃんのKuinというプログラミング言語が凄い件」という記事で、ブログを書き続けることのモチベーションの励みになりました。

www.konosumi.net

ブログを書き続けることは目的ではない

現在の私は、ブログの目的は「ブログを書くためのネタ探しによる経験値の上昇にある」と考えています。

テクノロジー的な記事を書く場合は、実際にプログラムを書く必要がありますし、書評記事を書くためには、実際に本を読まなくてはなりません。私のブログは「書いた・観た・聴いた・読んだ」モノの考察記事が中心にあるため、その結果、ブログのみならず頭にも知識が溜まっていきます。

ブログを駆動とした勉強スタイルは、インプットからアウトプットまでを一貫して行なえるので、なかなか気に入っています。「ブログそのものを目的とするのではなく、ブログによって自分が成長することを目指す」この観点はブログを書き始める前の自分にはない、新しい観点でした。

この発想は「アウトプット駆動学習を習慣化する」というkakakakakku氏にヒントを得ています。kakakakakku氏は、行動のみならず実力も凄いです。数あるエンジニアがいる中で、個人的にはアウトプット駆動の学習で今後もやっていこうと考えています。

kakakakakku.hatenablog.com

さいごに

無事に、年内に100記事を目指すという目標を達成することが出来ましたが、これは終わりではなく始まりに過ぎません。

出来る限り、私が「書いたり・観たり・聴いたり・読んだり」した良質な情報を今後もアウトプットしていきたいと思っておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

f:id:konosumi:20171225061752j:plain

頑張るぞいの精神で、今後も頑張っていくぞい!