リモートワークと地方経済、働き方改革が地方を活性化する

こんにちは。前回の記事である「位置情報ゲームとご当地ゲームが地方を変える、ポケモンGOと鳥取砂丘のその後」を書いていた時に、ひとつ疑問に思ったことがあります。

それは「リモートワークの普及によって地方が活性化するのでは?」という話です。

www.konosumi.net

リモートワークが普及すると、インターネットさえ繋がる環境があれば住む場所に制約がなくなるため、地方に住み続けることができるのです。

それでは、考察していきます。

リモートワークは普及しているのか?

まず、総務省が調査したリモートワーク(テレワーク)普及率では、2016年度で16.2%となっています。詳細は、下記の記事をご確認ください。

toyokeizai.net

リモートワークが最も進んでいるであろう情報通信業でも、導入している企業は20.4%でした。リモートワークを可能にするための環境整備や、社内制度の見直しが必要なため、二の足を踏んでいる企業が多いのが現状ではないでしょうか?

・・・では、実際のリモートワーク事例を見ていきます。

f:id:konosumi:20171203211956j:plain

ChatWork株式会社の事例

ChatWork株式会社のクリエイターズブログにて、山口県で働いているAndroidエンジニアの重村氏の事例が掲載されています。

山口県で働くエンジニアのリモートワーク・エンジニアリング | チャットワーククリエーターズブログ

猫さんも犬さんも可愛いですね。

重村氏の事例で凄いと感じたのは、パソコン本体(MacBook Pro)に加えて、試験用のAndroid端末やディスプレイまでもが、会社から提供されているところです。もはや、会社のオフィスと何ら変わらない設備環境ですね。

リモートワークであれば、オフィス代を節約できる

最近は、オフィスの内装を工夫している企業が増えています。941氏が運営する941::blogの行ってきたシリーズはオススメで、綺麗なオフィスがたくさん掲載されています。ぜひ、見てみてください。

blog.kushii.net

なぜオフィスにこだわるのか、疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、オフィスにこだわる理由は従業員に快適に働いてもらうためです。

オフィス内に観葉植物を配置することで目の保養を促したり、ナチュラルな内装にすることでリラックス効果を高めたりと、様々な工夫が施されています。

・・・でも、地方でリモートワークをするのであれば、そのような取り組みにお金をかける必要もなくなります。具体的には、下記のように気分転換を気軽に行なうことが出来るからです。

以前はできなかった娘を保育園に連れて行くなど、家族とのコミュニケーションも以前より増えたように思えます。
私の自宅には犬と猫がいるので、休憩がてら彼らと日々触れ合うことができるのも、リモートワークの利点のひとつとして挙げられると思います。

引用:http://c-note.chatwork.com/post/120601279880/remoteworkengineer

リモートワークでチームワークを維持するのは難しい

リモートワークの欠点は、物理的に働いている場所が違う点にあります。エンジニア向けの名著であるアジャイルサムライでも「コミュニケーションを重視するアジャイルでは、一箇所に集まって開発したほうが効率が良い」と書いてあります。

また、海外でも在宅勤務を禁止する動きが出ており、やはりリモートワークを成功させるのは一筋縄ではいかないようです。

news.livedoor.com

しかし、お子さんが若くて定期的に子供を見たい人や、介護が必要な高齢者を抱えている方を始め、在宅勤務をしたいという要望は減ることはないと思っています。

今後は高齢化社会です。介護をしながら自宅で働けるというライフスタイルは、絶対に必要になってくると思っています。

リモートワークと地方経済

だいぶ話が逸れてしまいましたが、本題であるリモートワークと地方経済の話です。

リモートワークの場合、それぞれが好きな場所で働くことができます。前述したChatWork株式会社の重村氏の事例では山口県でした。

これは自然な発想ですが、リモートワーカーが住めば周辺の店舗でお金を使いますし、飲みに行けば地方の飲食店に経済効果が生まれます。

リモートワークによって若い人たちが地元に残るようになれば、県の人口は増加します。また、若い人は元気ですので、地方は自然と活性化するのです。自治体の税収も増えますし、より多くの地方活性化に向けた施策を実施することもできます。

東京一極集中が叫ばれている中、リモートワークによる住む場所の自由化は必要とされているのです。

f:id:konosumi:20171203215325j:plain

リモートワークは普及して欲しい

私は、リモートワークはどんどん普及して欲しいと思っています。しかし、仕事のオンとオフを区別することが難しかったり、チームワークに支障をきたしやすいなど、まだまだ課題も多いのが現状だと思います。

・・・でも、過去に実際にリモートワークをしている方の話を聞いたことがあるのですが、デメリットはありつつも、リモートワークのほうが良いという意見でした。気分転換やリラックスがしやすいため、集中力を発揮しやすいのが理由みたいです。

コワーキングスペースやシェアオフィスで働くという選択肢

最近ではコワーキングスペースも普及し始めており、私もたまにコワーキングスペースを利用しています。自宅でも会社でもない、新しい場所での働き方です。

眼鏡販売の大手であるジンズ(JINS)が発表したシェアオフィスは、室内に「川のせせらぎ」や「鳥のさえずり」が流れ、極限まで仕事に集中できる空間を目指した創りになっています。

itpro.nikkeibp.co.jp

会員制とのことですので私が利用するのは難しいのかもしれませんが、ぜひ一度「Think Lab」で仕事してみたいですね!