LTやプレゼンを成功させるために、私が実践している方法

こんにちは。私は、たまにLTをすることがあります。

LTとはライトニングトークの略で、短時間(5分であることが多い)のプレゼンのことを言います。エンジニア系のイベントを中心に、LTは現在も大流行しています。

f:id:konosumi:20171201025614j:plain

私はLTが大好きで、短い時間でたくさんの話が聞ける所が気に入ってます。まるで、短編集を読んでいるような気分です。

さて、そんなLTですが、聞くだけではなくて登壇することもあります。本日は、LTに登壇する時に心がけていることを共有したいと思います。

背伸びしたネタを選ばない

LTで最も重要なのはネタです。やはり、そもそものネタがつまらないと、どんなに頑張っても挽回することは難しいです。

ただ、だからといって凄いことを話そうとするのは止めましょう。無理に背伸びをしようとすると、どうしてもボロが出てしまいます。

自分が知っていることや共有したいことを、素直に発表するようなプレゼンを心がけましょう。

面白さを追求しすぎない

LTは面白い話がたくさんあります。やはり、参加者が笑ってくれるのは気持ちいいですよね。

・・・でも、最初のうちから面白さだけを追求するのはやめたほうがいいでしょう。まずは、自分が何を伝えたいのかにフォーカスして、プレゼン資料を作成していった方が無難です。

伊藤直也氏のコメントを引用するならば「大事な問題にフォーカスする」ことが重要なのです。

ゆっくり話す

LTは持ち時間が5分のところが多いです。5分は凄く短いので、焦ってしまいます。

しかし、焦ってしまった時点で術中にハマっています。焦ると早口になるのですが、早口は聴衆が聞き取るのが大変なのです。

とにかく、ゆっくり話すことを心がけましょう。最初は、5〜10枚くらいのプレゼン資料でリハーサルをします。5分に満たなそうだったらスライドを足そうくらいの気持ちで十分です。

ゆっくり話すことによって、聴衆が話を咀嚼して理解する余裕が生まれます。また、ゆっくり話したほうが自信を持って話していると感じられるので、話の続きを聞きたくなるのです。

大量のスライド枚数で発表される方もたくさんいらっしゃいますが、彼らは間違いなくLTの上級者です。スライドの枚数が多いと忙しくなるので、焦りやすくなってしまいます。LTの経験がない方には、個人的にはあまりおすすめしません。

f:id:konosumi:20171201023447j:plain

発表の前に落ちつこう

LTの出番が近づけば近づくほど、緊張します。過度に緊張してしまうと、ガチガチになってしまい、LTは失敗しやすくなります。

私は、LTの前に必ずお茶を飲むようにしています。お茶を飲むと、心が落ち着くのです。

とにかく、LTを始める前に一度心を落ち着かせましょう。リラックスしている方が、焦らずゆっくり話せます。森本レオになったくらいの、穏やかで大らかな気持ちでプレゼンに臨みましょう。

聴衆の少ないLTで登壇する

緊張を感じる度合いは、聴衆の人数にある程度比例すると思っています。私の場合、過去に70人が参加したイベントで登壇した時は、緊張のあまり噛んでしまったりして大失敗してしまいました。

最初は、多くても30人程度のイベントで登壇をする方が無難だと思います。70人に対して恥をかくよりも、30人に対して恥をかく方がダメージは少ないです。

イベントのテーマには逆らわない

どんなイベントであっても、大抵はテーマや主題があります。主題には、素直に沿うようにしましょう。

参加する人は、主題(RubyのイベントならRuby・・・等)にあった話を聞きに参加しています。場の空気は読んだほうが良いです。LT上級者であれば話は別ですが、無理はしないほうが良いでしょう。

失敗しても落ち込まない

LTは、最初のうちはよく失敗します。私も、独りよがりなプレゼンをしてしまったこともあれば、リハーサルを入念にやらなかったせいでタイムオーバーしてしまった経験もあります。

LTやプレゼンが最初から上手い人は稀だと思います。慣れないうちは失敗するものだと、割り切るくらいの気持ちで十分です。

仮に失敗したとしても、経験を次のLTに活かせば良いのです。

さいごに

LTで登壇することは、人前で話すことの練習になったり、プレゼン力というビジネススキルの底上げであったり、分かりやすく人前で話すことの訓練であったり、様々なメリットがあります。

最近では、LT初心者向けのイベントのみならず、Go言語LT大会! 「最近、Go言語始めました」というイベントなど、技術的にもハードルが低いイベントがたくさん開催されています。

go-beginners.connpass.com

現金な話をするならば、仮に転職したいと将来的に思ったとしても、きっちりアウトプットしている人であれば、向上心があると判断され転職にもプラスに作用します。また、自分が持っている技術や知識を可視化するという側面でも、役に立つのです。

LTで話すチャンスはたくさんあります。登壇経験がない方であっても、ぜひこの機会にLTで登壇されてみてはいかがでしょうか?