高アルコールのビール系飲料が、流行の兆しを見せているらしい

こんにちは。先週放送のWBSを録画で見ていたのですが、高アルコールのビール系飲料が、続々と登場しているようです。

www.bs-j.co.jp

高いアルコール度数と言えば、私はウォッカやウイスキー、焼酎や日本酒を思い浮かべるのですが、そうではなくビールというのが珍しいので、記事にしてみました!

高アルコールと言えばストロングゼロを思い浮かぶ

高アルコール系飲料と言えば、私はサントリーのストロングゼロを思い浮かべます。爽快な味わいなので、好きな飲物のひとつです。

個人的には「ストロングゼロのヒットが高アルコール系飲料の火付け役では?」と、推測しています。

番組内では、高アルコール系のカクテル飲料は、女性に人気があるとの報道がありました。つまり、焼酎や日本酒は苦手だけれども、普通のカクテルでは物足りないという層に受けているということでしょうか?

「お洒落に酔いたいケースでは、ワインを選ぶのでは?」と思ったりもしますが、ワインは付け合せの食べ物を選ぶお酒ですので、カクテルのほうが万能かもしれません。

高アルコール系ビール飲料

キリンから、のどごしSTRONGが来年発売されます。アルコール度数は7%です。

www.kirin.co.jp

個人的には、キリンののどごし生は好きじゃないんですが、他にもサントリーの頂(いただき)という高アルコールビールもあって、こちらもアルコール度数が7%です。さらに来年は、アルコール度数が8%にリニューアルするらしいです。

8%まで増えたら、感覚的にはハイボールに近くなるのかなぁ?

高アルコールビールの需要としては、アルコール度数が強めのビールで乾杯をして、手軽に酔ってから二軒目に繰り出して、バーで飲むなり、ダーツやビリヤードで遊ぶなりが、想定されているみたいです。

確かに、それはそれでありかもしれません。さっさと酔ってしまったほうが、安上がりであると言えなくもない・・・かも?

f:id:konosumi:20171125195520j:plain

ただ、節約志向が理由で高アルコールが受けているというのは、個人的にはあまりしっくりきておりません。

私は「ほろ酔い」が一番楽しいと感じるタイプなので、深く酔いたい日は滅多にないのです。酔いたい日は、乾杯のビールもそこそこに、日本酒か焼酎を飲んでいます。

「酔いたい人が多いのか?それとも、意外とみなさんお酒が強いから、普通のビールでは物足りないのか?」どちらなのか気になりますね。

www.sankeibiz.jp

高アルコール系ビールは丁度良い?

私は日本酒も焼酎も大好きなのですが、日本酒を飲むとよく二日酔いになって、翌日になって後悔します。

そういう意味では、日本酒は金曜の夜だけに留めておいて、少し背伸びをしたい日や、仕事で嫌なことがあった日は、普通のビールではなくて高アルコールビールで乾杯、というのもありかもしれません!

・・・でも、私は普通のビールでも十分に酔ってしまうくらい、お酒に強くないので、個人的には高アルコールビールを飲むまでもない気もしております(苦笑)。

お酒に強くなりたいなぁ。