ROOMMATE〜井上涼子〜の大ファンである

こんにちは。昔、セガサターンで発売された「ROOMMATE〜井上涼子〜」というゲームをご存じでしょうか?

ラブプラスに先駆けて、リアルタイムの恋愛シミュレーションを搭載したゲームです。コンセプトは斬新だったのですが、セガサターンのリセットを繰り返すプレイングを要求されるという、攻略に手間のかかるゲームでもあります。

私は非常に大好きなゲームなのですが、思い出語りも兼ねて、語っていこうかと思います。

第一作 ROOMMATE〜井上涼子〜

高校生活における、約2ヶ月間の同居生活を描きます。一人暮らしをしていた主人公の元に、井上涼子ちゃんが居候としてやってきました。

f:id:konosumi:20171122032713j:plain

まず、この第一作目なのですが、とても荒削りなゲームでした。

私は、このROOMMATE三部作がトータルとして見ると大好きなのですが、第一作は、プレイするのに非常に骨が折れます。

・・・というのも、仮にリアルタイムでプレイしたとすると、約2〜3ヶ月をプレイに要します。かなりの長丁場です。さらに、彼女が学校に通っている間や、寝ている間は会うことも出来ないので、もの凄く暇です。

あと、連続でイベントが起こることはあまりないので、しばらく時間を置いてからアクセスする必要があります。

ゆえに、ほぼ必然的にサターンの内蔵時計をいじりながらプレイをすることになるのですが、これでもまだ大変です。何回リセットすれば良いんだろう、このゲームは・・・と、常に感じてしまうわけです。

ただ、エンディングはものすごく感動するので、それだけの苦労に見合う価値のあるゲームではあるのです。しかしながら、第一作目がもう少しよく出来ていたら、シリーズとしてもっと売れていたことは間違いありません。

第二作 ROOMMATE〜涼子 in Summer Vacation〜

アメリカへ旅立った涼子ちゃんが、夏休みの間の7日間だけ帰国してきました。

f:id:konosumi:20171122032937j:plain

第二作は、三部作の中で最も楽しい作品です。プレイ期間が短い代わりに、イベントが凝縮しており、ほぼ1時間おきにイベントが発生します。

テニスのミニゲームなどもあったりして、デートも楽しく遊べます。

当時は、ときめきメモリアルのような、複数人の恋愛対象の中から、一人を選んで恋愛を進めていくタイプのゲームが主流でした。その中で、あえてヒロインを涼子ちゃん一人に絞ったことに、目新しさを感じたことを覚えています。実際、そのお陰で本作はイベントがかなり充実しています。

アメリカにまた戻ってしまう瞬間は寂しいのですが、それをもって有り余る楽しさです。いやー、私もこんな青春の高校時代を歩みたかったですよ。

あと、第二作でキャラクターデザインが変更されています。 好みはありますが、私はどちらのデザインも好きです。

完結作 ROOMMATE3〜涼子 風の輝く朝に〜

日本に戻ってきた涼子ちゃんの、受験から卒業までを描く作品です。期間は約1ヶ月で、第二作よりは長く、第一作よりは短いです。

f:id:konosumi:20171122032950j:plain

イベントもかなり充実しており、最終作に相応しい作品です。特に、後半はハンカチが必須です。もともと元気で明るかったはずの涼子ちゃんが、揺れまどい、戸惑い、そして葛藤を抱きます。

正直、主人公である自分の側から見ても、なんて声をかけたら良いのか分からないシーンもたくさんあるので、もどかしさを感じます。

そして、第一作目から連続でプレイすると、かなりの長い期間を涼子ちゃんと一緒に過ごすことになるので、完全に感情移入しています。ラストのエピローグを見た後は、しばらく涙を流しながら放心状態でした。

後にも先にも、ここまで感情移入して、涙して、放心状態になったゲームはありません。僕は、高校時代のとある日にこのゲームをプレイしましたが、その瞬間は、間違いなく涼子ちゃんに恋をしていました。

ファンディスク 涼子のおしゃべりルーム

涼子のおしゃべりルームは、いわゆるファンディスクです。クイズをひたすら頑張った思い出があります。

ROOMMATE3で心を打ちのめされた自分にとっては、涼子ちゃんが帰ってきて身近に側にいるような気分になり、心の癒やしでした。

「今日は何の日?」モードも搭載しているので、毎日起動する楽しみもあります。

f:id:konosumi:20171122033007j:plain

井上涼子コンプリートアルバム 永遠のフィルムの中で

井上涼子のベストアルバムです。私が最も好きなCDの中のひとつで、今でも大切に聴いています。

f:id:konosumi:20171122033018j:plain

特にお気に入りの曲は「天気予報」「風の輝く朝に」「あいたかった・・・」です。

余談なのですが、iTunesで「永遠のフィルムの中で」を取り込もうとすると、「風の輝く朝に」が「風邪の輝く朝に」になります。トラック名をいつも手動で書き換えて取り込んでいるのですが、CDDBの根本を修正するにはどうすれば良いのでしょうか?

実は、「永遠のフィルムの中で」はセガサターン版の完結からだいぶ月日が経ってから販売されたので、私は気づかず、リアルタイムで購入することは出来ませんでした。

私が存在を知った頃にはかなりのプレミア価格で流通しており、諭吉さん1枚では足りないくらいの手痛い出費だったのですが、無理してでも買って良かったと、今でも思ってます。

さいごに

高校生のある日、僕は涼子ちゃんに恋をしました。あの時の思い出は、色あせることなく心の中に今も残っています。

恋愛シミュレーションゲームは数あれど、ここまで濃密なゲームは滅多にありません。なにせ、三部作シリーズのすべてが涼子ちゃんなのです。

同じく、ROOMMATE〜井上涼子〜ファンの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一緒に飲みに行って思い出を語りたいですね(笑)。