まろやかなビール サッポロ冬物語 2017【感想・レビュー】

こんにちは。久々にグルメネタです。

f:id:konosumi:20171113021720j:plain

最近、サッポロの冬物語を箱買いしました。ビールと言えば夏のイメージが強いのですが、冬こそビールが美味しい季節です。

ぜひ、冬でもビールを飲んでいただきたいので、ビールについての記事を書いていきたいと思います。

夏のビールとは?

まず、夏はどんなビールが美味しいでしょうか?私の場合、夏は「アサヒ スーパードライ」のようなキレのあるビールが好きです。

キリンの「ラガービール」も苦味があって好きですし、「オリオンビール」はキレに加えて適度なさっぱり感があって、これまた大好きです。

「オリオンビール」は沖縄のお酒なのですが、最近は近くのコンビニでも普通に販売されるようになりました。アサヒが販売しているので、全国流通させやすいのでしょうね。

冬のビールとは?

さて、次は冬のビールなんですが、冬は一転してまろやかなビールが合います。定番どころだと「エビスビール」や「銀河高原ビール」が美味しいかなと思います。

他には、先日飲んだ「とれたてホップ 一番搾り2017」や「サッポロクラシック 2017富良野VINTAGE 」も、まろやかな風味や香りが感じられるビールです。どちらも美味しいビールです。

www.kirin.co.jp

www.sapporobeer.jp

サッポロ冬物語は美味しいよ

さて、そんなまろやかなビールが美味しい季節である冬において、私がもっとも好きなビールが「サッポロ冬物語」です。

http://www.sapporobeer.jp/fuyumonogatari/

「サッポロ冬物語」の特徴を一言で言ってしまえば、まろやかなのに苦味とコクがちゃんと感じられるところです。まろやかなのにビール感が強いところが、もっとも気に入っているポイントです。

次に、デザインが素晴らしいです。雪の結晶が描かれていて、凄く良いセンスだと思ってます。

f:id:konosumi:20171113023354j:plain

ただ、注意点が3つあります。

まず、まろやかなビールの中では苦味が強いほうです。ビールの苦味があまり得意でない方は「とれたてホップ 一番搾り2017」や「サッポロクラシック 2017富良野VINTAGE 」のほうが合うと思います。こっちのほうがフルーティーな感覚があって、特に女性にはおすすめです。

次に、キレはあまりないビールです。だからこそ、キレよりもまろやかさが求められる冬季のみ販売しているのだと思います。

最後に、アルコール度数は6%です。ビールの中では高い方だと思います・・・といっても、世の中のビールの主な度数は5〜5.5%なので、そこまでの違いはないのですが。

食べ物で言いますと、鍋料理やすき焼きなど、温かい料理と合わせるのがベストな組み合わせだと思います。ほくほくの鍋をつつきながら、ビールで喉をうるおす。最高ですね!

さいごに

ビアガーデンのような分かりやすい催しこそないものの、冬こそビールが美味しい季節です。特に、冬季はまろやかなビールが群雄割拠で登場しますので、普段はビールを飲まない女性のような方にもおすすめできます。

フルーティーなビールから、まろやかなのに苦味があるビールまで、ぜひ飲み比べて楽しんでみてください。