ヒトカラで、ダイエットとストレス解消のすすめ

こんにちは。私は以前、ヒトカラでダイエットをしたことがあります。

ヒトカラとは、一人でカラオケボックスに行き、歌を歌うことを言います。ずっと一人で気兼ねなく歌うことができますので、遠慮なく熱唱できることが特徴です。

f:id:konosumi:20171108021601j:plain

健康診断に引っかかる

数年前のある日のことです。私は、健康診断に引っかかりました。

数値が悪かったのは、体重と血中脂肪でした。血中脂肪の量が多いと、血管が詰まりやすくなり、動脈硬化の危険性があります。

私は、血中脂肪の量が基準値の三倍近い結果でした。当然、病院に行ってくださいという診断結果になります。

さすがに、三倍近い数値は怖かったので、大人しく病院に行くことにしました。

歩いてください

・・・と言うわけで、診断結果を持って近所の医院に行きました。医者からの指示は、単純明快でした。

「週に4回、40分以上歩いてください」

しかも、それに加えて一言おまけ付きです。

「毎月診察に来てください。体重を測定して、サボっていないか監視します」

私は退路を絶たれました。覚悟を決め、ダイエットを始めることにしました。

f:id:konosumi:20171108022955j:plain

ウォーキングによるダイエット

まず始めに私が実践したダイエットは、ウォーキングです。

普段よりも二つ手前の駅で降りて、てくてく歩いて帰ることにしました。ただ、これだけだとカロリー消費量はそこまで多くありません。そこで、途中からは仕事の昼休みもウォーキングの時間にあてることにしました。

ウォーキングによって、体重は少しずつ改善されていきます。ダイエットを始めてから2〜3ヶ月目で、体重は約4kg減少しました。

以降も体重は順調に減っていたのですが、約6kg減少した辺りで、ぱたっと体重低下がストップしてしまいます。いわゆる停滞期というやつです。

停滞期を越えるためにヒトカラを始めてみる

ところで、私がてくてく二駅歩いて帰る道中に、カラオケ屋があります。

お一人様でも大丈夫と書いてあったし、カラオケは歌ってカロリーも消費できるし、ストレス解消にも良さそうです。試しに入ってみることにしました。

・・・というわけで、ヒトカラをやってみたわけですが、歌ってみた結果、ヒトカラには不思議な魅力があることが分かりました。

まず、同じ曲を何回でも気兼ねなく歌えます。これは、誰かと一緒に行くようなカラオケでは、できない楽しみ方です。

次に、多くのカラオケにはドリンクバーが備わっています。カラオケで喉が疲れたとしても、手軽に喉をうるおすことができるので、水分補給に困りません。

また、やめどきを自分で調整する事ができます。何時間歌おうが、自由です。

ヒトカラでダイエットに成功する

全盛期の私は、おかしなくらいに完全にヒトカラの魅力に取り憑かれていました。

もっとも凄いエピソードとして「平日にヒトカラで徹夜した」という話があります。ちなみに、ヒトカラで徹夜すると、完全に喉が枯れます。次の日「声がおかしいけどどうしたの?」と、周りに心配されたほどです。

(注釈:真似しないほうが良いです)

ヒトカラは、一人でずっと歌い続けるわけですから、カロリーを消費します。

1曲を4kcalとすると、10曲で40kcalです。カロリー消費量で言うとそこまで多くありませんが、長時間歌い続けることで、じわじわと効果を発揮してきます。

さらに、二駅てくてく歩くことも継続して続けていましたので、最終的には15kgのダイエットに成功しました。

f:id:konosumi:20171108033720j:plain

さいごに

私が実践したダイエットは、ウォーキングとヒトカラを併用したダイエットでした。

ウォーキングとヒトカラの共通点は、辛くないことです。そのため、コツコツと継続することができます。

また、ヒトカラはストレス解消や発散にも効き、楽しいダイエットでもあります。みなさんも、ぜひお試しあれ。