横浜DeNAベイスターズの思い出【2017お疲れ様でした】

こんにちは。

2017年のプロ野球シーズンが終わりました。福岡ソフトバンクホークス、優勝おめでとうございます。

1番柳田という采配は、今考えても凄い采配だなぁと思います。ソフトバンクは投手陣も凄いですが、やはり打撃陣の力がすごい!

f:id:konosumi:20171105042459j:plain

そして、2017年のシーズンは、横浜DeNAベイスターズのファンとして、もっとも楽しく、白熱し、盛り上がったシーズンであると言えます。

今は、酒を飲みすぎて少しボロボロな状態だけど、この興奮が冷めやらないうちに、思い出語りでもしてみたいと思います。

何故、横浜DeNAベイスターズのファンになったのか?

私が横浜DeNAベイスターズ(当時は横浜ベイスターズ)のファンになったきっかけは、偶然が生み出した産物です。

話は、私の学生時代に遡ります。当時の自分は反抗期で、親に逆らうことを是としていました。私の父親は大の巨人ファンで、テレビでは毎日巨人戦がついています。父親に連れられて、東京ドームに行くことも何回かありました。

私が住んでいる地域は東京都だったのですが、なぜかTVKが映ります。おそらく、東京都の中でも神奈川県に近い地域だったからなのでしょう。

当時の自分はゲームが大好きで、TVKでは「ToHeart」や「下級生」といったゲームのアニメが映ります。だから、テレビのチャンネルはTVKに合わせてました。

普段からチャンネルをTVKに合わせていると、テレビをつけると横浜ベイスターズの試合が映ることがあります。そこから横浜ベイスターズのファンになるまで、時間はかかりませんでした。

不思議な因果関係です。私が横浜ベイスターズのファンになったきっかけは、父親への反抗期であり、父親が大好きな巨人に勝ちたいという気持ちからでした。

f:id:konosumi:20171105042804j:plain

プロ野球から遠ざかる日々

そこからしばらくは、プロ野球から遠ざかっていました。大学生の頃はバイトで忙しかったし、社会人になってからも、エンジニアとして頑張っていかねばなりません。プロ野球の情報は、たまにチェックする程度でした。

私がプロ野球から遠ざかっている間、横浜ベイスターズは苦悩の日々を送りました。万年Bクラスだし、横浜で育った選手はFAで他の球団に行ってしまうし、オーナー企業も、TBSからDeNAに変わりました。

今思えば、TBSからDeNAへの転換は、良い転機だったと思います。当時は「スピード感のあるネット系の企業であれば、なんかやってくれそうな気がする」それくらいに感じていました。

面白い監督がいる

ふたたび私が横浜DeNAベイスターズのファンになったのは、とあるプロ野球ニュースがきっかけでした。

「中畑清の監督インタビューが面白い!」

中畑清に惹かれた私は、再び横浜DeNAベイスターズの試合を見るようになりました。そんな2014年に、私が最初に興味を持ったのは、抑えの「三上 朋也」投手です。

千手観音投法とでも言えばいいのでしょうか?三上投手は二種類の投球フォームを使い分け、自由自在なピッチングを行います。

三上投手の投球と、中畑清のやたら元気で前向きなインタビューが楽しい、そんな2014年シーズンでした。

2015年シーズン

2014年シーズンが終わり、2015年に入ります。私はずっと三上投手のファンだったのですが、2015年シーズン、三上投手は故障してしまいます。

そんな中、私が興味を持ったのは「井納翔一」投手でした。掴みどころのない奇妙な感性と、打たれたとしてもなぜか勝ってしまう勝ち運が、ツボでした。さすがは「ハマの宇宙人」です。

(注釈:この勝ち運は、主に2014年シーズンの防御率が4点台なのに2桁勝利だったことを指しています)

実際、井納投手はいくつもの不思議なエピソードを持っています。

de-baystars.doorblog.jp

de-baystars.doorblog.jp

2015年シーズン、横浜は首位ターンで前半戦を折り返します。まさに夢のような時でした。そこから最下位に転落してしまうわけですけれども。でも、CS進出に向けた争いはハラハラ・ドキドキで、最後まで一生懸命応援していたことを覚えています。

2015年シーズンの一番の思い出は、中畑清監督の引退セレモニーです。私も、思わず涙してしまいました。なにせ、私は中畑監督のインタビューが楽しくて、横浜ファンに返り咲いたのです。悲しくて、辛い瞬間でした。

f:id:konosumi:20171105045909j:plain

2016年シーズン

2016年シーズンと言えば「筒香嘉智」選手の快進撃です。「筒香に打順を回せば、ランナーを返してくれる。なんて凄いバッターが横浜に現れたのだ!」・・・と、興奮しながらの日々でした。

ライバルである山田哲人選手との争いはハイレベルで、不動の4番がいる今年であればCSに行ける!そう感じたシーズンです。

実際に、この年はクライマックスシリーズへの出場を果たします。しかし、広島東洋カープの壁は高く、CSではほぼ完敗でした。頼みの綱である筒香選手もCSでは本調子ではなく、ほぼ完璧に抑えられています。

来年へのリベンジを誓う、そんなシーズンでした。

2016年シーズンの一番の思い出は、三浦大輔投手の引退です。私は、三浦大輔投手が書いた本も読んでいたし、人柄も含めてエースとしての三浦大輔投手を尊敬していました。去年に続き、またも男泣きしてしまう瞬間が現れるとは。そんな気分です。

www.konosumi.net

2017年シーズン

2017年シーズンは、正直なところ不思議なシーズンでした。主砲の筒香選手も昨年ほどの破壊力がないし、抑えの山崎康晃投手も本調子ではありません。

そんな中、私が興味を持ったのはパットン投手と宮崎選手です。この年の中継ぎは、パットン投手なしでは回らなかったと思います。それくらい、大きな活躍でした。特に、抑えの山崎投手が不調な間、代役としてリリーフをこなせるくらいの信頼があったのは、その証だと思います。

宮崎選手の活躍は、いまいち乗り切れない筒香選手を補い、有り余るものでした。3番のロペス選手の打点力と、5番で首位打者の宮崎選手、そして4番の筒香選手、不動のクリーンナップの力によって、横浜DeNAベイスターズはCSへの階段を駆け上がったといっても、過言ではありません。

(注釈:3番筒香、4番ロペスだった時期もあったことは、念のため補足しておきます)

2017年シーズンと言えば、やはり対広島東洋カープ戦での、3夜連続サヨナラ勝ちです。僕はその頃仕事が忙しく、深夜に自宅でハイライトを見たくらいなのですが、深夜なのに思わず叫んでしまったことを覚えています(注釈:近所のみなさん、申し訳ありません)。

2017年クライマックスシリーズ

横浜DeNAベイスターズは、クライマックスシリーズへの進出を果たします。しかし、ギリギリの戦いでした。何せ、巨人との争いは熾烈を極め、最後までどちらか分からないような状況です。

今だから正直に申し上げますが、阪神とのクライマックスシリーズで初戦に敗れた時点で、CSは敗退するだろうと思ってました。なにせ、横浜は昔から阪神との相性が悪い上に、天候が悪く試合の中止も予想されていたからです。

・・・でも、そこから泥だらけになった試合も制して、彼らは勝ち上がります。

広島東洋カープとの初戦もまた、阪神戦と同じく負けからスタートしました。負けた瞬間は、去年の圧倒的な差で敗れた光景が蘇ってきて、今年もダメかなと思ってました。我ながら弱気なファンですね。

ただ、そこから先は破竹の勢いで勝ち上がります。「これは何かの夢なのだろうか?」と、頬をつねってみたけど、事実でした。

日本シリーズ、その後

日本シリーズもまた、崖っぷちの戦いでした。

「横浜DeNAベイスターズは、なぜいつも崖っぷちからはい上がるのだろうか?」

今年を総括すると、そんな2017年のシーズンです。巨人とのCS争いもギリギリでしたし、阪神とのクライマックスシリーズも先に負けてしまい、ギリギリの戦いでした。

広島東洋カープとのクライマックスシリーズもまた、14.5ゲーム差もつけられた圧倒的な首位を破るという、ミラクルな戦いでした。

日本シリーズも3連敗からスタートし、どうなることやらと溜め息をつくような出足です。日本シリーズの思い出もまた、たくさんあるわけですが、夜も更けてきましたので、この辺りで筆を置きたいと思います。

・・・でも、横浜DeNAベイスターズは、年を重ねるごとに強くなっています。私は、今年の横浜に土壇場の底力と勝負強さを見ました。

CSを制覇し、日本シリーズ進出を果たした今、来年の目標はシーズンの制覇と日本シリーズ優勝です。

「彼らならやってくれるだろう」そう感じている自分がここにいます。なんにせよ、来年も楽しみです。

選手のみなさん、監督・コーチ・スタッフのみなさん、そしてファンのみなさんを含め、全ての方に向けて。今年もお疲れ様でした。