積み立て投資でお金を増やそう【書評】

こんにちは。
「コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす」という本を読みました。

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

実はだいぶ前に読んだ本なのですが、最近投資を始めまして、それを機に再読してみました。

本書の書評を、自分自身が投資を始めた理由と照らし合わせながら、つづっていきたいと思います。

投資は専門家だけのものじゃない

私は正直、投資はギャンブルだと思っていました。

  • 増えることもあれば減ることもある
  • 株に詳しくないと儲けることは難しい
  • お金持ちがやることだ

本書を読むと、それはくつがえります。

あなたは投資のイメージとして「銘柄を選んで株を買う」「デイトレーダーのように株を毎日売買する」といったように、株式のチャートをにらめっこしながら、日々取引するような光景を思い浮かべるのではないでしょうか?

そうではなく「株の専門家になれなくとも、毎日株式チャートをにらめっこせずとも、比較的リスクの少ない投資もありますよ」ということを、本書は述べているのです。

昨今の銀行の預金利率は雀の涙程度ですので、たとえ投資を始めずとも、投資という選択肢を知っておくことに損はないと思います。

少額投資からはじめてみるという選択肢

私は、少額投資からはじめてみることにしました。

今月は手元の3万円を、いくつかの投資信託に分散して預けています。結果は「+635円」です。爆発的ではないですが、確かに銀行預金の利率と比べたら増えています。

f:id:konosumi:20171030020909p:plain

この少額投資というのがミソです。私としては、まだ投資という行為にそこまで信頼を置いているわけではありません。なので、しばらくは節約なども工夫しつつ、余った剰余金で運用するつもりです。

お小遣いとして使う予定だったお金を投資にまわすだけですので、仮に暴落したとしても、ある程度は割り切れます。

私は人生を楽しむために生きているわけで、本を買ったり映画を観たりといった、趣味費は惜しまないつもりです。人生は楽しみつつ、節約する部分は節約して、余ったお金の一部で投資するつもりです。

大博打を打たない投資というのは、結局は地道にコツコツとやることになります。詳しくは本書を読んでいただきたいのですが、結局のところ、貯金も投資も継続が大事なんだなぁと、痛感しました。

さいごに

本書は、手堅くお金を増やすための、比較的リスクの低い投資を推奨する本です。だから、爆発的にお金が増えるような、魔法の投資を解説した本ではありません。

しかしながら、ベストセラーである「金持ち父さん 貧乏父さん」が、資産を増やすことを推奨していたり、お金の知識をつけることが大事であると述べているように、知っておいて損のない知識であると、私は思います。

本書は、若者や新社会人に向けて書かれた本です。投資を始めてみるかどうかは個々の判断に委ねるとしても、教養として読んでみるくらいの軽い気持ちで読んでみる分には、悪くないのではないでしょうか?

なにせマンガですので、お手軽でさくさく読み終わりますよ!

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす