人気ブロガー養成講座で学ぶ王道のブログ運営【書評】

こんちには。
「このすみろぐ」は、今日でめでたく2ヶ月を迎えました。

週末ブロガーとしてちまちまブログを書きつつ、ようやくブログを書くのにも慣れてきたところです。

ただ、いまいち自分のブログに自信を持つことが持てません。そこで「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」という本を購入して読んでみました。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ブログ運営の本質とは記事を書くことである

本書を読んでいて感じたのは、ブログ運営に裏技はなく、王道を歩むべきであるということです。

ブログ運営の本質とは、記事を書くことです。結局のところ、ブログの主役は記事であり、記事が面白くなければバズることもありません。

そして、記事が面白いかどうかを決めるのは読者であって、ブログを書いている本人ではありません。だからこそ、様々な記事をたくさん書くのです。

私がこの本を買って良かったと感じた理由は、小手先ではなく王道を歩むことを推奨している点にあります。

小手先のテクニックとは何か

私はかつて、ネットショッピングサイトのSNS担当だった時期があります。当時は、Twitterが流行り始めた頃でした。

私が運営していたTwitterは、フォロワー数がわずか30人程度の弱小アカウントです。これでは、つぶやいたとしてもほとんど効果はありません。

そこで、当時の私は「相互フォロー」を活用しました。相互フォローとは、みんなでフォローし合うことによって、フォロワー数を増やしましょうという仕組みのことです。

相互フォローの効果は絶大です。30人程度だったフォロワー数は、うなぎのぼりに増加していきます。フォロワー数は数十倍以上に膨れ上がりました。

しかし、それは残念ながら見せかけだけの数字でした。商品は全然売れないどころか、フォロワーの半分以上は、ツイートの内容が理解できないような外国人の方々です。

これではまったく意味がありません。フォロワー数という数字だけに取り憑かれたことによって、私は誤った道に進んでしまっていたのです。

f:id:konosumi:20171024032139j:plain

自分な好きなことを書けばそれで良い

ブログ運営の本質は記事を書くことであるということは分かりました。それでは一体、どんな記事を書けば良いのでしょうか?

本書では、自分が好きなことや興味のあることをブログに書きましょうと推奨しています。ブログとは、じっくりと育てていくものです。無理をすると、あっという間に挫折してしまいます。

ブログを続けていくためのコツは、楽しむことです。そのためには、自分が好きなことや心からシェアしたいと感じたことを記事に書きましょうということを、本書は問いかけているのだと私は解釈しました。

世の中には、更新が止まってしまったブログで溢れかえっています。そう、継続は力なりなのです。

焦らず地道に頑張る

この本を読んだからといって、明日からすぐに人気ブログになれるわけではありません。

・・・でも、この本によって以下のことを学ぶことができました。

  • ブログ運営における本質的な考え方
  • ブログ運営におけるテクニック(バズりやすい記事の書き方、など)

即効性のない本ではありますが、十分に読む価値がある良書ではないでしょうか。

デザインの見直し等々、考えるべきことは色々あるけれど、少なからず自分が地道にブログを書き続けたことは間違っていないことが分かって、安心することができました。これからもブログ書くぞー!

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座