【書評】大本営参謀の情報戦記 - 情報なき国家の悲劇

久々に文庫本を読了しました。

文春文庫より出版された「大本営参謀の情報戦記」です。

大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)

大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)

情報部の太平洋戦争

著者であり主人公でもある堀栄三氏は、大本営の情報部に配属されます。

日本は情報を軽視し、日本の大和魂であり精神論で太平洋戦争を戦い抜こうとした印象がありましたが、情報部はありました。

しかし、日本の情報は貧弱でした。正確な敵情は把握できておらず、各島への米軍の上陸時期を見誤ったり、相手の戦力を過小評価してしまう事態です。

また、情報部があったとしても、そこで得られた情報が作戦に有効活用されているかと言うと、そうでもありません。

このような苦難ばかりの状態での、主人公の孤軍奮闘が描かれているのが本書になります。

情報こそ最高の戦力である

本書の一説に以下の一文があります。

「兎の戦力は、あの速い脚であるのか、あの大きな耳であるのか?」

単純に考えると、速い脚は非常に有利であるように思えます。

しかし、兎はあの長い耳で正確に敵を察知しており、やられる前に逃げることができます。兎とて、突如目の前に敵が現れてしまったら、どんなに速い脚を持っていたとしても逃げられるとは限らないでしょう。

本書は、情報なき場当たり的な戦いに対して警鐘を鳴らしています。そのような状態で太平洋戦争に挑むと、どのような事態が起きるのか?

まるで私が当時の情報参謀になったかのように、読み進めていく度に戦況が刻々と変わっていくため、凄く引き込まれる書になっています。

名著「失敗の本質」を情報分野に特化させた本

私は、有名な名著である「失敗の本質」を、情報戦略に特化して語りかけているのが本書であると感じました。

情報が少なければ正しい判断をするのは難しいですし、情報があったとしても正しく活用できなければ意味がありません。

現代のような、情報が溢れている時代だからこそ、読む価値があるのではないでしょうか?

大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)

大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)