A Tour of GoでGO言語を学ぶのは楽しいよ!

こんにちは。

もう秋ですね。最近はセミが鳴かなくなったので、夏は終わったなーという気分でいます。でも、私が住んでいる地域はまだまだ熱いので、あまり秋を実感することはないですが。

さて、本日の本題です。

とあるデータをもとに作成したいファイルがありまして、それをスクリプトで生成することにしました。何言語で作ろうかと考えていたのですが、直感でGOが頭に思い浮かんだため、GO言語で書くことにしました。

GO言語は動作が早く「APIサーバをGOで書くといいよー」という話はカンファレンスでよく聞きます。

tech.medpeer.co.jp

tech.mercari.com

やってみよう!ということで、さっそくGO言語を学んでみることにしました。そこで登場するのが「A Tour of Go」です。

A Tour of Go

「A Tour of Go」は、GO言語を学ぶためのチュートリアルです。

プログラミング言語Go Tour ( Go言語基礎文法最速マスター ) へようこそ!

本家は英語ですが、日本語翻訳されたサイトがあります。ありがたいです。

https://go-tour-jp.appspot.com/welcome/1

ブラウザ上で実行できる

ブラウザ上でそのままGOを実行することができるため、開発環境を用意しなくても始めることができます。

まずは言語のシンタックスを見てみて、気に入ったら開発環境を準備しようくらいに考えていたので、これは大変ありがたいです。

見やすくて分かりやすい

1ページあたりの文量が少なく、さくさく理解しながら進めることができます。

左側に解説、右側にコードが表示されている構成も見やすいです。今までいくつもの言語に触れて来ましたが、ここまで分かりやすいチュートリアルは初めてです。

f:id:konosumi:20170923122557p:plain

既に何らかの言語に触れたことがある人向け

For文のチュートリアルを例にあげてみます。

https://go-tour-jp.appspot.com/flowcontrol/1

読んでみると気づくかもしれませんが、そもそもFor文とは何かという解説まではありません。そこまで含めるとプログラミング経験のない方でも理解できるようなドキュメントになるのでしょうが、対象を「既にプログラミング経験のあるエンジニア」に絞ることで、シンプルなチュートリアルにしている感があります。

そのため、プログラミング経験がない方であれば、他の方法(書籍など)で学習されることをオススメします。

「A Tour of Go」はいいぞ!

「A Tour of Go」には以下のような特徴がありました。

  1. ブラウザ上で手軽に実行できる
  2. 見やすくて分かりやすい
  3. シンプルで簡潔にかかれている

GO言語そのものよりも「A Tour of Go」に感動している自分がいます(笑)。

大変お手軽ですので、ぜひ皆さんも体験してみてはいかがでしょうか?